下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円と言われた下取り車が、
買い取り専門の業者では60万円になることも
よくあること。

 

一括査定サイトを使うことで、
多くの下取り会社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が
吊り上がっていきます。

2017年2月1日にスズキから発売された新型ワゴンRのマイルドハイブリッド

2月に入ってすぐに販売だったのですね、。

発売日、すっかり忘れていました。

ワゴンRのフルモデルチェンジがあるのは分かっていたのですが…

 

suzuki-shingata-wagonr

出典: スズキ公式サイトより (新型ワゴンR)

 

今日の新聞の折り込み広告を見て気付きましたー^^

最近は好きなミニバンだけではなくいろんな車を試乗していますので、いつ発売になるかとかはチェックしているのですが。

 

ちょっと前に、スズキの販売店にてワゴンRのカタログをもらってきたところなのですがね(汗)

ま、そのおかげで旧型と今回の新型のワゴンRを比較できるので、それはそれで良しとしておきますか。

Sponsored Link




新型ワゴンRのマイルドハイブリッドの外装はどんな感じ?

ワゴンRが新型になってフルモデルチェンジしたということは、外装、内装ともにガラリと変わっているのでしょうか?

ちょっと気になったので詳しく調べてみることに。

 

新型ワゴンRの外装は、やっぱりガラリと変わっていますね。

新型のワゴンRのほうがフロントマスクの顔つきがシャープのような印象を受けました。

フロントライトのところは2段になっていました。

 

suzuki-shingata-wagonr0203003

出典: スズキ公式サイトより (新型ワゴンR)

 

これはこれで、今風の感じでかっこよいのでしょうが、私的には旧型のフロントライトのほうが好きかな。

大きなライトのほうが車のボリュームが大きい感じがするし(笑)

でもフロントバンパーの感じなんかは旧型よりもいいですね!

後ろのほうに目を向けると…

 

あら、テールランプの位置がだいぶ下になっているじゃないですか。

スマートに見えて、なかなかいいですよね!

 

そうか、今回の新型ワゴンRのマイルドハイブリッドはスマートを意識して作られているのか?

だとしたら、新型ワゴンRのフロントライトもスマートに見えるので、形的にはオッケーなのか。

 

やっぱり車ってバランスが大切ですからね。

じゃー内装もだいぶ変わっているのかも。

そう思ったので、今度は内装を見ていきましょうか。

Sponsored Link




新型ワゴンRのマイルドハイブリッドの内装とは?

内装を見ると…

あ、だいぶ変わっている。

 

suzuki-shingata-wagonr0203002

出典: スズキ公式サイトより (新型ワゴンR)

 

ダッシュボードが何か全体的に丸っこい感じから四角い感じへと変化している感じです。

メーターもセンターメーターになっているし。

なんかこの感じ、ソリオに似ているような…

 

ソリオのカタログを見てみると…

やっぱりソリオに似ている。

 

とはいっても、ソリオは普通車でワゴンRは軽自動車ですからね。

ソリオのほうが内装の質感は全然上ですよ^^

 

また、同じ軽自動車で人気No.1のホンダのN-BOXも室内は広いし質感も高く作られているので、一度比較してみるとよいかもしれません。

N-BOXに関しては、

こちらで詳しく書いています。

 

私はダッシュボードは少し丸っこみがあるほうが、柔らかい感じで好きなんですが…

今の車は四角い方へ傾いて行っているのかな?

丸っこい感じと四角の感じの流行は交互にやって来ますからね。

今は四角いほうかな。

 

室内のシートも写真を見た感じでは、しっかりと作り込まれている感じに見えます。

 

ただ、私もワゴンRには試乗していないので、詳しいところまでは分かりません、ごめんなさい。

近々、新型ワゴンRマイルドハイブリッドの試乗は行ってみようとは思っているのですが(苦笑)

Sponsored Link




新型ワゴンRのマイルドハイブリッドが燃費気になる?

で、今回の新型ワゴンRのフルモデルチェンジの大きな目玉は、マイルドハイブリッドエンジンの搭載かなと思います。

でも、カタログ燃費をみるとマイルドハイブリッドになったからといってグンと燃費が良くなっているのではないようです。

実際、旧型でもカタログ数値は33.0km/Lはありましたので。

 

それが、新型ワゴンRマイルドハイブリッドになると33.4km/Lになったということ。

わずか0.4km/L良くなっただけ。

しかも実燃費となると、ほとんど旧型の燃費とは変わらないかと。

 

ワゴンRに関しては、

こちらでも詳しく書いていますので、参考に読んでみてください。

 

でも、ここで大きな進化があります。

それはエンジンにISG(モーター機能付発電機)と新型ワゴンR専用のリチウムイオンバッテリーを使うことで低燃費化にしているということ。

 

新型ワゴンRのマイルドハイブリッドエンジンはソリオにも使われています。

今のソリオはマイルドハイブリッドとフルハイブリッドの2つのハイブリッドエンジンを使っています。

そのハイブリッドエンジンのひとつ、マイルドハイブリッドを新型ワゴンRに投入したということですか。

 

私もソリオのマイルドエンジンンでの試乗もしていますが、本当にマイルドな感じのエンジンだと思いますよ(笑)

とてもスムーズな発進で、エンジンにも元気があった感じでした。

 

suzuki-solio-fullhybrid007

出典: スズキ公式サイトより (ソリオ)

ソリオに関しては、

こちらで詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

 

ソリオのエンジンは1,242ccの排気量でしたので、新型ワゴンRの排気量の約2倍。

新型ワゴンRの排気量は658ccの軽自動車。

 

たしかソリオのマイルドハイブリッドのカタログ燃費は27.8km/Lだったと思います。

排気量が2分の1になったからといって、燃費が2倍になるわけではないですから。

 

私から見ると、今までのままの燃費でも33.0km/Lはあったのだから、あえてマイルドハイブリッドにしなくても良かったのでは?

そう思ったりもしますが、スズキとしてはハイブリッド車としての位置付けにしたいのでしょうか?

 

まぁ、価格的に見ると今までの価格よりも少し安くなっているので、それはそれでいいのかと^^

スズキはこの先に、新型ワゴンRのフルハイブリッドを見据えているのでは?

新車の値引き額からさらに30万円安くなる方法とは?

  • この車、ちょっと予算が足りない…
  • 値引き交渉したいが、営業マンが苦手…
  • ディーラーを1軒1軒まわるのは面倒…
  • 見積もりをとるのもひと苦労…
  • 新車をできるだけ安く手に入れたい…
  • 車種を比較する時間がない…
  • ディーラーの売り込みがイヤ…

気に入った車があって、
新車での購入を考えているけど…

こんな風に悩んでいる人、
結構いると思います。

 

妻や家族、友達に相談しても、
欲しい車には手が届かない…

そんな人におすすめの裏ワザを
紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円と言われた下取り車が、
買い取り専門の業者では60万円になることも
よくあること。

 

一括査定サイトを使うことで、
多くの下取り会社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が
吊り上がっていきます。

Sponsored Link