下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円と言われた下取り車が、
買い取り専門の業者では60万円になることも
よくあること。

一括査定サイトを使うことで、
多くの下取り会社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が
吊り上がっていきます。

新型シエンタのボディは汚れが目立つ?

九州は今梅雨に入っています。

458855

雨の時期って車のワックスを掛けてもすぐ汚れますから、とても気を使うと思います。

特に新しい車を買ったばかりは嫌な雨です(笑)

 

人気のあるシエンタだって例外ではありません。

私の住んでいる田舎でも新型シエンタは結構見かけます。

しかもド派手な黄色のシエンタが多いです(笑)

sienta6081

出典: トヨタ公式サイトより

 

派手で目立ちますが、逆に考えると汚れも目立ちやすいのかも。

 

シエンタを買った人の中にもボディの汚れを気にかけている人も多いようです。

でもそういえば、雨の日に走っているシエンタをあまり見かけませんね。

たまたまなのかもしれませんが、やはり汚れが付きやすい車なのかも。

 

シエンタのボディの色は関係なく、タテジミが付きやすいとか書いているのを見かけます。

これを見た時、「黄色はとっても目立つ色なので汚れやすいのかな?」と思っていましたが、そうではなさそうなのです。

 

ブルーメタリックブラウンパールホワイトなどいろんな色でもタテジミが付きやすいとか。

パールホワイトは白色なので、汚れは目立つと想像できますが、他のちょっと暗そうな色でもタテジミが出やすいとなるといかがなものかと思います。

Sponsored Link




新型シエンタのタテジミが気になるってどういうこと?

特に新型シエンタは人気絶頂の車種なので、汚れにもひときわ気を使う人もいるでしょう。

奇抜な色、そして独創的な流線型の形をした新型シエンタ。

で、私なりに考えてみたのです。

どうして、新型シエンタがそんなに雨の後はタテジミが目立つのかって。

 

よく考えてみると、新型シエンタに限ったことではないように思えてきました。

私が今まで乗ってきた車は10台を軽く超えていますが、どの車も雨が降った後はタテジミになりやすかったように思います。

 

若干タテジミになりにくかったといえば、シルバー色の車ではなかったのかな?

色がシルバーなので、当たり前ですが汚れは目立ちにくく見えると思います。

 

でも実際はどうかというと、しっかりと汚れは付いていました。

ただ色で汚れが見えにくいだけなのでしょうね。

だから新型シエンタに関しても同じだと思うんです。

絶対にそうだとは言えませんが、私の感想としてはです。

 

sientasiruba

出典: トヨタ公式サイトより (シエンタ)

新型シエンタの情報については、

 

shingatafreed09300010

出典: ホンダ公式サイトより (フリード)

新型シエンタのライバル車である新型フリードに関しては、

 

solio1014

出典: スズキ公式サイトより (ソリオ)

シエンタ・フリードのライバル車としてよく比較されるスズキのソリオについては、

こちらでも詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

Sponsored Link




新型シエンタのタテジミ コーティングされた車なら大丈夫?

以前新車でノアを購入した時、新車時からコーティングされたのをオプションで付けて1年間洗車していましたが、正直汚れに関しては今までと変わらずに普通に付いていました。

タテジミもです。

 

コーティングされた車なので洗いやすいかというと、そこまでは変わりません。

私はまめにワックスを掛けるほうだったので、コーティングされたのとどこが違うのかあまり分かりませんでしたね。

 

数年経つと車の光沢度が違ってくるのかもしれませんが、自分でワックスを掛けた方が綺麗な気がしていますが…。

新型シエンタのタテジミ 気になるならまめに洗いましょう!

新型シエンタの口コミを見ていくと、結果的にはどの色でもタテジミは付きやすいのかと思います。

新型シエンタを購入した人が少しばかり神経質になっているのかどうか?

 

もしかしたら逆に、ワックスがあまり掛かっていない方がタテジミなどの汚れが目立たないのかもしれませんね。

光沢があり過ぎて目立ちすぎるということです。

でも、タテジミなどの汚れが気になるのなら、すぐに洗車してワックスを掛けて綺麗にしましょう。

b9d82435ea373768fcb34b2d92e37866_s

 

ネットで調べていたら、良さそうな商品を見つけたので紹介しておきますね。

価格的にも安くて、意外に性能も良さそうな「ハイドロフラッシュ」

使ってみる価値はありそうです。

 

今は梅雨なので洗車してもまたすぐにタテジミが出てきますが、こまめに綺麗にしてあげましょう。

定期的に綺麗にすることで、ますます自分の車に愛着が出てきますから。

車というのは、そういうものだと思います。

迷ったら、まず使ってみましょう。

新車の値引き額からさらに30万円安くなる方法とは?

  • この車、ちょっと予算が足りない…
  • 値引き交渉したいが、営業マンが苦手…
  • ディーラーを1軒1軒まわるのは面倒…
  • 見積もりをとるのもひと苦労…
  • 新車をできるだけ安く手に入れたい…
  • 車種を比較する時間がない…
  • ディーラーの売り込みがイヤ…

 

気に入った車があって、
新車での購入を考えているけど…

こんな風に悩んでいる人、
結構いると思います。

妻や家族、友達に相談しても、
欲しい車には手が届かない…

そんな人におすすめの裏ワザを
紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円と言われた下取り車が、
買い取り専門の業者では60万円になることも
よくあること。

一括査定サイトを使うことで、
多くの下取り会社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が
吊り上がっていきます。

Sponsored Link