ハイエース新型の改良型 セーフティセンスPを標準化で11月20日に発売

いよいよハイエース新型改良型が発売されます。

おそらく11月20日かなと思いますが。

 

出典:トヨタ公式サイトより (ハイエース)

 

今回の改良型は、安全装置でもあるセーフティセンスPをハイエース/レジアスエース全車に標準装備になるようですね。

最近のトヨタ車の傾向として「セーフティセンス」という安全性を重視して発売されている感じに思えます。

 

そういえば昨日、11月14日に「アクア」の特別仕様車にもセーフティセンスCを標準装備で発売したとありました。

小型車もぞくぞくとセーフティセンス化となっています。

 

出典:トヨタ公式サイトより (アクア)

アクアに関しては、

こちらでも詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

 

やっぱり安全は大事ですから。

ま、一番重要なことはドライバー自身が気を付けながら運転するってことなのですが。

やっと、ハイエースにもセーフティセンスPの標準化が来たって感じなのかな。

Sponsored Link

 

ハイエース新型 トヨタセーフティセンスPは安全性が高い

私がハイエースに乗っていたころは、もちろんセーフティセンスPなんて安全装置は付いていませんでしたので。

だから、今のハイエースは安全性が高くなっていいなーと思ったりもしています(笑)

ハイエースって前(鼻)の部分はほとんど出っ張ってないじゃないですか。

 

むろん、昔のハイエースよりは少しだけ出ていますがね。

ただ、衝突した時のことを考えると…

 

足が挟まって、無くなるんじゃないかとか考えちゃうのですよ。

そういう危険もあるってこと。

まぁ、そんなことを考えていたら車なんか乗れないのですがね…

 

ただ、トヨタセーフティセンスPは安全性が高いので、付けることができるならあったほうがいいでしょう。

標準装備ということなので、ハイエース新型の価格自体も全体的に上がりますが、安全性をとると考えるなら安い投資なのかもです。

 

ハイエースのライバル、NV350キャラバンが先に安全性の装置を付けていたので、今回の改良型でハイエース新型もやっと同じ土俵に立ったという感じなのかな。

とはいえ全体的に見ると、やっぱりダントツでハイエースが人気があり、耐久性も高いのは確か。

Sponsored Link

 

ハイエース新型の改良版 燃費にも変化が…

しかも、ハイエース新型のエンジンも変わるというから、ハイエースファンにとっては興味深いところでもあります。

今までの1KD型3000cc直4ディーゼルターボの4速ATから1GD型2800cc直4ディーゼルターボで6速ATになるとのこと。

やはり、最近流行りのダウンサイズでの改良型。

 

今までMT(ミッション)の設定もありましたが、これが無くなるとのこと。

ま、今どきハイエースに乗っていてMT(ミッション)に乗る人もめっきり少なくなって来ているのでしょう。

 

私の知り合いにもハイエースの新車からMT(ミッション)に乗っていた人もいましたが、それはごく少数派。

ハイエースみたいな大きい車ならなおさらAT(オートマ)が運転しやすく楽ですから。

ハイエースは低速のトルクもあるので、AT(オートマ)でもビックリするぐらい加速して走っていきますからね。

 

ハイエースに関しては、

こちらで詳しく書いていますので、参考に読んでみてくださいね。

 

ハイエース新型の改良型では、1GD型2800cc直4ディーゼルターボエンジン6速ATの燃費は、現在のカタログ数値より1km/Lぐらいは良くなっているようです。

1KD型3000cc直4ディーゼルターボエンジンの4速ATでカタログ数値11.4km/Lなので、ハイエース新型の改良型は12.4km/Lぐらいだと思っていてもよさそうですね。

 

そう考えると、ハイエース新型改良型の実燃費は9~10km/Lといったところでしょう。

ハイエース自体がボディが大きいので、このくらいの実燃費でも十分満足する数値だと言えます。

Sponsored Link