ホンダのステップワゴンは、大人数でも乗れる魅力的な車です。

さらにハイブリッド車も導入されているので、待ち望んでいた方も多いでしょう。

 

出典: ホンダ公式サイトより(ステップワゴン)

 

今回は、そんなステップワゴンのハイブリッド車の価格や魅力について迫っていきます。

購入を考えている方やハイブリッド車が好きな方は参考にしてみてください。

ステップワゴンのハイブリッドシステム

ステップワゴンに新しく導入されたハイブリッドシステム。

環境にやさしく燃費もいいことから今後人気が高まる感じがします。

では具体的に、どういったシステムなのか解説していきます。

 

まず、ステップワゴンのハイブリッドシステムはi-MMDと呼ばれるハイブリッドシステムが搭載されています。

アコードやオデッセイにも搭載されているシステムで、ホンダの車好きからすると馴染みのあるシステムといえるかもしれませんね^^

 

出典: ホンダ公式サイトより(ステップワゴン)

 

エンジンのスペック
エンジン最高出力・・・145ps/6,200rpm
エンジン最大トルク・・・17.8kgm/4,000rpm

 

モーターのスペック
モーター最高出力・・・184ps/5,000-6,000rpm
モーター最大トルク・・・32.1kgm/0-2,000rpm

となっています。

 

今までのステップワゴンよりも、低燃費でありながら高出力を誇っているので、力強い走りを体感できることでしょう。

もしそうなら、乗って車道を走るのが楽しみになりそうですね。

Sponsored Link

ステップワゴンハイブリッドの燃費

ハイブリッドで気になるのが燃費です。

燃費がよければ、乗り続けるほど得をするので、乗るたびに嬉しい気持ちにさせてくれます。

どれくらい燃費がいいのか解説しますね。

 

ステップワゴンのハイブリッドはモードによって燃費に多少違いがあります。
JC08モード・・・25.0km/L

WLTCモード・・・20.0km/L
(ここから市街地モードでは18.8km/L、郊外モードでは21.7km/L、高速道路モードでは19.5km/Lになります。)

 

しかし、今までのホンダのハイブリッドと同じシステムを利用しているのですが、アコードとオデッセイよりもデータ上では燃費が悪いとされています。

 

アコード 31.6km/L
オデッセイ 26.0km/L

なので、ステップワゴンはこの2台よりも燃費が悪い形になります。

 

またステップワゴンハイブリッドの燃費のデータを見る限りでは、郊外の道路を走る場合が燃費がいいので、参考に覚えておくといいでしょう。

ステップワゴンハイブリッドの室内

ハイブリッド車はバッテリーが搭載されているため、どこにバッテリーを置くかによって室内空間の広さが変わってきます。

ステップワゴンのハイブリッド車は、前席下にバッテリーが配置されているので、見事にガソリン車と変わらない室内空間を演出することができていますね。

これはオデッセイのハイブリッド車でも適応されている技術なので、安心して室内を広々と使うことができます。

 

オデッセイに関しては、

こちらで詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

 

しかし、運転席と助手席間のウォークスルーはできないようなので、注意が必要です。

まぁでも、室内が広々と使えるのであれば、子どもや友達をたくさん連れての移動が可能なので嬉しいですが…

荷物も多く載せることが可能なので、使い方にも幅広い方法を実践することができそう。

 

ステップワゴンに関しては、

こちらでも詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

ホンダセンシング機能追加

運転者が安全に運転ができるようにホンダの車には、安全運転支援システムがついています。

その中でも新型のステップワゴンハイブリッドに追加された機能があるので紹介します。

 

1.渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール

ハイブリッドのみに機能が追加された渋滞追従機能です。

前の車と適切な車間距離をあけて走行するアダプティブクルーズコントロールと前の車が停車すれば、それに反応して停車してくれる機能となっています。

これがあれば、ついよそ見をしてしまった時にも、自動で反応してくれるので運転している人の安全を高めてくれます。

 

ただ…

よそ見は基本的に厳禁。

よそ見をしても問題ないという訳ではないことは意識しておきましょう^^

 

2. 歩行者事故低減ステアリング

歩行者との衝突を回避するために取り付けられた機能です。

車線をはみ出して走行した際に、ぶつからないように警告してくれるドライバーに優しい機能ですね。

また運転操作に関しても、ステアリング操作を補助してくれるので、回避する機能にも特化しています。

Sponsored Link

ステップワゴンのハイブリッド車の価格

では、ここまで新しいステップワゴンのハイブリッド車の価格はいくらなのでしょうか?

たくさんの機能がついていて、今までの車とまた違った魅力を発揮しているステップワゴンハイブリッド。

グレードによって価格が違うので、どれくらい違うのか参考にしてみてください。

 

出典: ホンダ公式サイトより(ステップワゴン)

 

SPADA Bホンダセンシング・・・3,300,480円
SPADA ホンダセンシング・・・3,350,160円
SPADA G・EXホンダセンシング・・・3,559,680円

このような価格になっています。

 

  • ハイブリッドであること
  • 大人数が乗れて、車に積載する荷物の範囲も広いこと

この2つのことを考えれば、破格な金額といえるかもしれません。

 

また参考にですが、通常のガソリン車と比べると50万円ほどの違いがあります。

グレードが違う点もあるので、正確に比べることは難しいですが…

乗り続けるとお得になるハイブリッドであれば、それ以上に価値があるのではないでしょうか。

ステップワゴンのハイブリッド価格を参考にしてみて

他のハイブリッド車と比べてみても性能や機能を考えてみると、価格的には良心的な金額なのではないかと私は思います。。

アコードやオデッセイに搭載されているハイブリッドシステムのi-MMDも実用性があるもので、今後も活用できるものとなっています。

ハイブリッドの燃費を考えても、通常のステップワゴンを購入するよりも、ハイブリッドの方がお得な感じがします。

今回の価格を参考に、車を検討してみて興味があれば、ハイブリッドを意識してみるのもいいのではないでしょうか。

Sponsored Link