レクサスNX マイナーチェンジ前の現行型を試乗してきました!

レクサスNXマイナーチェンジするって知ってました?

私もレクサスNXっていうSUVがずーっと気になっていました。

 

だって、ハリアーとかC-HRとかの記事を書いているでしょ。

自然にレクサスNXの文字も目に入って来るんです(笑)

で、気になったらまず試乗に行くのが私のスタイルなので、早速レクサスに行って来ました!

 

出典:レクサス公式サイトより (レクサス NX)

 

試乗したのは、レクサスNX 300h。

ハイブリッド車です。

 

レクサスNXに関しては、

こちらでも詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

 

さすがにレクサスNXは高級感あふれるSUVでしたー

ってことで今回は、レクサスNXのマイナーチェンジ前の現行型300h試乗した私の素直な感想を書いていきたいと思います。

Sponsored Link

 

レクサスNXのマイナーチェンジはフロント部分だけって?

現行型レクサスNXの新型のデザインは、同じトヨタ系のSUV車ハリアーやC-HRなどとはひとつ格上のSUVだなーという印象を受けました。

レクサスの営業マン曰く、「外装の鉄板などもトヨタ系の車とは違いますよ」と。

 

私も直接手で触って少し叩いてみましたが、どこが違うのかは正直分かりませんでしたー(汗)

ただ、軽自動車との区別は私でも分かりますが…

 

出典:トヨタ公式サイトより (ハリアー)

ハリアーに関しては、

 

出典:トヨタ公式サイトより (C-HR)

C-HRに関しては、

こちらでも詳しい記事を書いていますので、是非参考に読んでみてください。

 

私もレクサスに行くのは初めてなので少し緊張していましたが、レクサスの営業マンも結構な田舎ナマリの人だったのでホッとしています(苦笑)

だって、レクサスって言ったら、名前だけですでに高級感が出ているじゃないですか。

田舎でも浮いた存在なのかな、レクサスって?

などと勝手な想像をしてましたが、気さくな営業マンで良かったです^^

 

私が試乗したのは、レクサスNX 300hです。

排気量2500ccのハイブリッド車。

レクサスNXってハリアーと同じぐらいの大きさなんですね。

 

私もハリアーには試乗しているのでレクサスNXをぐるりと一周してみると、大体の大きさは分かる感じです。

でも、レクサスNXはハリアーより明らかに、外観からにじみ出る高級なオーラが伝わってくるんですよ。

 

「すげぇー、これがレクサスなんだ!」と心の中で叫んでいると(苦笑)、レクサスの営業マンは「あ、実はレクサスNXは今度マイナーチェンジするんですよ!」とサラリと言ってのけていました。

どうやらレクサスの営業マンの話によると、マイナーチェンジの内容はヘッドライトやフロントマスクのところの変更らしいとのことでした。

 

今の現行型のレクサスNXでも迫力のあるイカツイ感じになっているのに、今度のマイナーチェンジでもっとインパクトを出すのか?

今の感じでも十分かっこいいのですがね、レクサスNXは。

Sponsored Link

 

レクサスNX300hの荷室で車中泊はできる?

レクサスNXの外装を見ていたついでに、リヤハッチバックの荷室を開けて見せてもらいました。

すると…

 

意外にリヤハッチバック自体は小さいことが分かりました。

私が見た限りでは、ハリアーのほうがリヤハッチバックの荷室は広かったように感じました。

 

あ、これは私の素直な感想なので、あなたが見ると同じ感じ方はしないかもしれませんが。

あくまでも私の感想として読んでくださいね。

 

でもですね、驚いたのはそのあと。

レクサスの営業マンが2列目の後部座席を倒すと…

 

そこには広い荷室スペースが出来あがっていました。

しかも2列目の後部座席を倒すのは、電動で、そしてゆっくりと倒れていくのです。

さすがレクサス!

そう思っていると、すかさずレクサスの営業マンがこう言い放ちました。

 

「あ、この後部座席が電動なのはこのレクサスNXのグレードが上位のグレード「version L」だからです」と。

言い忘れていましたが、私が試乗したレクサスNX 300hのグレードは「version L」でした。

 

そういえば、レクサスNX 300hの「version L」は、リヤハッチバックも電動で開けるようになっていました(汗)

で、レクサスNX 300hの2列目の後部座席を倒した荷室は広かったのです。

この広さは十分、大人でも車中泊できるスペースがあるように私は感じました。

 

レクサスの営業マンに車中泊できるかどうか聞いてみると…

「車中泊はできると思いますよ。実際お客様の中で、レクサスNXで車中泊している方もいますので、違和感なく車中泊はできると思います」

こう話していました。

Sponsored Link

 

レクサスNX300hの内装はどんな感じ?

では、レクサスNX 300hの内装はどんな感じだったのかを詳しく見ていきましょう。

レクサスNX 300hの運転席に最初に座った感じは、車の中に入るだけで高級感を感じるSUVでした。

 

ダッシュボードの作りからドアの内貼り、そしてシートも全部高級感ありありのレクサスNX 300h「version L」ですね。

内装関係には文句の付けようもない作りとなっているレクサスNX 300h。

ミニバンの高級車「アルファード」みたいな感じだと思いました。

 

出典: トヨタ公式サイトより (アルファード)

アルファードに関しては、

こちらでも詳しく書いています。

 

特に2列目の後部座席は、足元の空間も広くてシートも程よい柔らかさで座り心地は良かったですよ。

2列目の後部座席については、先程のリヤハッチバックでも話したように電動で動いていきます。

 

もちろん、後部座席の調整もできるので、結構な背もたれが寝た状態での座り心地もいい感じだと私は思います。

この感じは是非、実際にレクサスNXに試乗してみて体験してみて欲しいですね。

座っているゆったり感が半端ないと思いますよ^^

 

やはり、高級感が随所(ずいしょ)に出ているレクサスNXを見ていると、レクサス購入者の評価が高いのも納得がいく気がしています。

おそらく、レクサスNXの中古車市場でも人気が高いのでは?

レクサスNXの中古車の価格もそんなに落ちないでしょうね。

Sponsored Link

 

ま、内装に関してはレクサスNXがマイナーチェンジしても変わらないので、そこまで心配することはないと思います。

今回はレクサスNX 300hのグレード「version L」のハイブリッド車に試乗しましたが、できればガソリン車の200tにも試乗してみたかったのが本音です。

レクサスの営業マンの話によると、ガソリン車の200tよりもハイブリッド車の300hのほうが人気があるということをしきりに話していました。

 

まぁ、これだけかっこいいレクサスNXだと、いろいろカスタムしていじりたくなりますね^^

こんな高級感ありありのレクサスNXですが、私の感じた素直な感想はこれだけではないのです。

 

ちょっとガッカリしたこともあったのですよ。

まぁ、私がそう思っているだけかもしれませんが(苦笑)

今日は話が少し長くなったので、明日にレクサスNXのガッカリしたことを詳しく話して行こうと思います。

 

その他のSUVに関しては、

こちらで詳しく書いています。

Sponsored Link