日産リーフを試乗した私の感想とは?

日産リーフに乗ったことがありますか?

私は昨年の話になりますが、日産のリーフを試乗しました。

 

leaf1023

出典:日産公式サイトより (リーフ)

 

たしかあれは、ノートe-powerが発売されて少し前だったから2016年10月ぐらいかな。

 

ノートe-powerに関しては、

こちらでも詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

 

その試乗した時に感じた私の感想を書いて行きたいと思います。

本当はもう少し前に書くはずだったのですが、ついつい書きそびれちゃって(笑)

 

私の頭の中では日産リーフが常に残っているんです、本当に。

あんな強烈な印象のある車だったなんて、夢にも思いませんでしたから。

 

あ、リーフの記事は少し書いているので、

よかったらこちらの記事も読んでみてください。

Sponsored Link

 

日産リーフを試乗した私の感想/お得感がある?

日産のリーフにまだ乗ったことがない人は、機会があるときに一度乗ってみてください。

こんな車なのか、リーフって!

と、驚く人がたくさんいると思います。

エンジンを掛けた瞬間から、「何か違うぞ?」と。

 

少し加速するまでは、面白いぐらいにしか思わなかった私でも、アクセルペダルを少し強く踏み込むとガソリンエンジンのような音をたてることもなく静か~に加速していくのにビックリしましたから(笑)

思わず、「リーフ、買いたいな」と心の中で思ったのが私の感想。

 

あ、でもリーフの新車を購入するのは、どうかと思います。

日産のリーフはとても良い車だと思います。

 

でも、価格が…

ちょっと高くない?

そう思いませんか?

 

だってリーフの価格は、一番価格の低いグレードの「S」でも270万円ぐらいは車両本体価格だけでもしますからね。

一番上のグレード「G」になると、車両本体価格で400万円近くなります。

 

まぁ、日産のリーフは100%電気自動車ということで補助金が出て少しお得感はありますが、ちょっと慎重になって考えた方がよいかと。

Sponsored Link

 

私も実際にリーフに試乗してみて真剣に購入を考えていましたが、どうしても私の頭の中から離れないことがありました。

それはリーフの航続距離のこと。

 

今現在、日産の店頭で販売されているリーフは駆動用バッテリーの容量が30kwhと24kwhの2つのタイプがあります。

当然、駆動用バッテリーの容量が大きい30kwhのリーフのほうが24kwhのリーフよりも航続距離が長く走れます。

一回の満タン充電で走れる航続距離は30kwhのリーフで280km、24kwhのリーフで228kmだと言われています。

 

nissan-leaf0122

出典:日産公式サイトより (リーフ)

 

これはあくまでJC08モードでの数値であって、実走行できる数値ではないです。

私も日産の営業マンにリーフの実際に走れる航続距離を聞いたのですが、だいたい30kwhのリーフで200km、24kwhのリーフで150kmぐらいだと思っていたほうがよいと聞かされました。

あくまでも大体の走れる距離ですよ。

 

何か心配になってネットで日産のリーフのことを調べていくと…

いろいろ出てくるわ、出てくるわ。

 

私が調べていて思ったのが、「本当に日産のリーフを新車で買って大丈夫なのか?」

こう思ったのが私の素直な感想です。

 

確かに、30kwhのリーフでは実際の走れる距離も200kmぐらい走れるということがネットでも書いてありましたが、バッテリーの劣化というものは絶対あるので充電を繰り返していると自然に走れる距離が少なくなっていくようですね。

必ず減っていくということは言いきれませんが、充電の仕方によってバッテリーの持ちもかなり変わってくるのでしょうね。

スマホの充電に似ていますね。

Sponsored Link

 

日産リーフを試乗した私の感想/中古車はどうなの?

日産のリーフはもう少し待てば、今の30kwhのリーフの航続距離よりももっと多くの距離を走れるのが出てくるのではと。

そうなってから購入を考えた方が利口なのではないか?

私はそう思っています。

 

で、もうひとつ。

リーフの新車を買うではなく、中古車を買う方法もありかなと。

日産のリーフは2010年12月に発売されました。

 

それから6年ちょっと。

昨年2016年ぐらいから、中古車市場に日産のリーフが溢れかえっています。

というか、異常な価格で販売されています。

 

発売当時350万円以上していたリーフが、今では100万円を切るお手頃な値段に…

私のリーフの中古車市場を調べてみると、年式のわりに走行距離が少ないリーフも簡単に100万円以内で購入できる車がたくさんありました。

 

ネットでリーフのことを調べていると、新車からしばらくは実走行距離で150kmぐらいは走れていたのに、今では50~60kmぐらいしか走れないという口コミや評価・評判などたくさんありました。

 

でも、所詮はネットで書かれていることなので、本当かどうかは怪しいというのが私の素直な感想。

Sponsored Link

 

でも、本当なのかどうか知りたくてあちこち探していくと…

実際にリーフを乗っている人と話をする機会ができたのです。

 

その人によると、50~60kmぐらいの走行距離ではないが、実際に走れる距離は今は70~80kmぐらいだと言っていました。

その人のバッテリー残量のメモリは10セグ。

リーフのバッテリーは満タンが12セグなので、2セグかけている状態ですね。

年式は確か平成23年式(2011年)と言っていたような…

 

バッテリーが2セグかけている状態でも、普通充電で満タンに充電すると130kmぐらいは表示されるとか言っていました。

でもですね、ここからが重要。

 

今の時期って冬なので寒いじゃないですか。

なので、ヒーターを使うみたいなんです。

で、ヒーターのスイッチを入れた途端に…

何と走行できる距離が30kmぐらいは平気で減っているとか言ってました。

 

nissan-leaf0122002

出典:日産公式サイトより (リーフ)

 

なので、実際に走行できる距離っていうのは、ホントにアバウトな数字しか出てこないのかもしれませんね。

その時は結構冷や冷やしながら運転したそうです。

しかもアップダウンの激しい坂道になると、航続距離はみるみる減っていくのだとか…

 

街中乗りで平坦なところでの走行はそんなに気にしなくてもいいですが、少し長い距離や坂道など走る場合には注意が必要かもしれませんね。

そう考えると、日産のリーフを新車で買うよりも中古車で買ってみて乗ってみるのがいいのかなと。

 

新車は確かに新しいのでとても気持ちよく乗れますが、リーフの特性をちゃんと掴んでからでも新車に乗るのは遅くはないかもです。

リーフを試乗してみて良い車だとは思ったのですが、この考えもまた私の素直な感想です^^

Sponsored Link