プリウスphvの発売日が近いって?

トヨタのプリウスphv

何やら、プリウスphvの新型の発売日が近いとか。

プリウスphvという車の名前は知っていました。

 

toyota-prius-phv1212

出典:トヨタ公式サイトより (プリウスphv)

 

でも、電気自動車というものには全く興味を持っていなかったので、最近まで見向きもしませんでした(笑)

しかし、日産から出ているリーフという車に試乗してみて改めて電気自動車のすごさというか、これからの時代は電気自動車に移っていくかもしれないんだな~と思ったのです。

 

各メーカーは、すごい車を次々と世に送り出してきます。

電気自動車だってそうです。

バッテリーの塊みたいなものが、走って行くのですからね。

 

でも電気自動車の欠点は、電気がないと走れないこと。

で、この問題を解決するためにトヨタからプリウスphvをいう基本は電気、電気がなくなったらガソリンで動いていくという車を作り上げました。

今回はそのプリウスphvについて、そして発売日についても詳しく見ていきたいと思います。

Sponsored Link

 

プリウスはアメリカでも大人気の車?

プリウスっていう車は、車の免許を持っている人で知らない人はいないんじゃないか。

そのくらい有名な車です。

 

以前、私の家にアメリカ人の女性が遊びに来ました。

その人は1年ぐらい日本にいてアメリカに帰ると言ってました。

その彼女が口にした言葉が、日本のプリウスは燃費がすごく良い!

だから、私もアメリカに帰ったらプリウスを買いたいと。

 

あ、これは普通のプリウスの話ですよ。

5年ぐらい前の話ですが^^

 

当時、やっとプリウスphvされたばかりの頃かな。

アメリカでは大人気のプリウスですが、私のプリウスの印象はあまりいいものではありませんでした。

だってプリウスって、結構リコールが多いじゃないですか。

10年ぐらいずっと乗っていて1回か2回ぐらいのリコールだったら我慢できそうですが、しょっちゅうとなると…

 

同じ年式の車がいつもというわけではないと思いますがね。

でも、なんかイヤな車だったんですよね、プリウスは。

 

プリウスに関しては、

こちらでも詳しく書いていますので、是非読んでみてくださいね。

 

でも、最初のほうで書きましたが、日産のリーフに乗って考え方がガラリと変わって来ています。

あの電気自動車の加速感と室内の静かさ、そして電気なのでお金がそこまでかからない。

そういうメリットを考えると無性に電気自動車が欲しくなってきました。

 

leaf1023

出典:日産公式サイトより (リーフ)

リーフに関しては、

こちらで詳しく書いています。

 

でも、現実的に考えると電気で走るのでバッテリーが無くなったら、おしまい。

そう考えると、「んー、・・・」

そんな感じでモヤッとしていた時に、プリウスphvにたどり着きました^^

Sponsored Link

 

プリウスphvを知ったきっかけはノート e-power?

リーフに行き着いたのは11月に発売された「ノート e-power」の試乗したことがきっかけ。

ノート e-powerも、ある意味「プリウスphv」みたいな車ですからね。

 

あ、でもノート e-powerの場合はバッテリーを発電するためだけにガソリンを使う作りになっていますね。

プリウスphvと同じように聞こえますが、構造は全く違います。

 

note11020011

出典:日産公式サイトより (ノート)

ノート e-powerに関しては、

こちらで詳しく書いています。

 

「ノート e-power」と「プリウスphv」の違いは話すと長くなるのでやめておきますね。

ノート e-powerを買おうと思いましたが、プリウスphvを見つけて、こっちのほうが私の使い方に合っているのではないか?

そう思うようになりました。

Sponsored Link

 

プリウスphvの発売日を調べてみると…

プリウスphvを詳しく調べていくと…

来年の2017年2月頃に発売日がというのを見つけました。

私が2ヶ月前ぐらいに近くの本屋さんで見た雑誌には、2017年の1月頃の発売日が書いてあったような…

 

私が見た雑誌はあくまでも「予想」と書いてあったので、確定ではありませんでしたが。

気になったので、トヨタの公式サイトを見てみました。

すると、発売日については何もまだ書かれていない様子。

ネットでは、2017年2月に発売日になるようなことが。

 

ま、あくまでもネット上での予想ということになりますが。

でも私は、確かにこの時期に発売の可能性が高いのではないかと思っているところです。

あくまで予想なので、外れたらごめんなさい。

 

でも、今度のプリウスphvって、だいぶ改良されてきているみたいですからひそかに期待してますよ、私は^^

そのなかでも、EVだけで走れる距離が今までのプリウスphvよりも、2倍以上長くなっているというのは近い距離を走る人にとっては大きなメリットだと思います。

 

今までだったらカタログ数値26.4キロしか走れなかったのが、カタログ数値ですが60キロぐらいをバッテリーだけで電気の力で走ることができるのですから。

使い方によっては、毎月の車にかかるお金が激減するのではないか?

もしかすると、電気代だけで大丈夫な月がたくさんあるのではないか?

 

まぁ、これは通勤距離が短かったり、買い物に行くぐらいの距離に使う用途が多い人に限定はされるとは思いますが。

でも、バッテリーだけで60キロ走れるのですから、往復距離が50キロ以内の人だったらたぶん電気代だけで済むと思いますが、どうでしょう?

 

しかも家の電気を夜間料金が安いのにしていたら、かなりの安い電気料金でプリウスphvに乗ることができますね。

ネットで調べていると、今のプリウスphvでもガソリンは半年ぐらいは入れてないという人もいました。

 

しかもバッテリーだけで走行できる最高速度は、100キロ → 135キロへと35キロもスピードが出せるようになっています。

これにより高速道路の入り口でもガソリンを使うことなく、力強くバッテリーだけの力で加速して行けますね。

 

もちろんハイブリッド車として走る場合にも燃費は今よりも良くなっていますので、より経済的にプリウスphvを使うことができるようになります。

燃費に関して言うと、31.6km/Lから37.0km/Lへとより低燃費のプリウスphvに進化します。

 

そして屋根のところにソーラー充電システムが付きますので、走行中以外の駐車しているときでもバッテリーの充電ができますよ。

これ、意外にとっても役に立つのではないでしょうか。

 

toyota-prius-phv1212001

出典:トヨタ公式サイトより (プリウスphv)

 

今のプリウスphvの販売状況は、バッテリーで走れる距離が20キロぐらいなので苦戦している感じです。

しかし、新型のプリウスphvが発売されることで「phvの良さ」が見直されるきっかけになるのではないかと私は思っています。

年内に発売日がいつになるのかが分かると、ますます新型のプリウスphvから目が離せなくなりますね(笑)

Sponsored Link