日産ノート「e-power」の燃費に疑問が出てきた!?

11月2日は日産からノートe-power」が発売開始になりますね。

私も日産のノートに搭載される「e-power」がとても気になっています。

 

だってかなり燃費が良くなるんでしょ?

電気自動車の補助システムと言うべき車の日産「ノート」。

先日、実際に見てきました。

 

note1102

出典:日産公式サイトより (ノート)

 

その様子は、

 

で、その時に営業マンと話していて気になったのが燃費

ちょっと疑問に思ったことがありました。

なので今回は、日産ノート「e-power」の燃費について私が疑問に思ったことを書いていきたいと思います。

Sponsored Link

 

日産ノート「e-power」のエアコン

今回発売されるノート「e-power」の燃費は、まだ発売前なのであまり大きい声で言えませんが37.2km/Lだと営業マンから聞いています。

ただこの数字に関しては、あくまでも一番低いグレードでの燃費の数値だということ。

 

ノート「e-power」のグレードには「メダリスト」「X」「S」のグレードがあるようです。

その一番下のグレードである「S」の燃費の数値が37.2km/Lだということです。

「S」にはエアコンが付いていません。

 

note-aircon1031

出典:日産公式サイトより (ノート)

 

「S」にもエアコンをオプションで付けることもできるはずですが、そんなことをするよりもそのひとつ上のグレード「X」を購入したほうがお得なのかなと。

車体の重量がだいぶ軽くなるようで燃費が良くなるようです。

他のメーカーでもやっています。

 

じゃー、日産のノート「e-power」の本当の燃費はどうなっているのよ!

こんな疑問が生まれてきませんか?

 

日産のノート「e-power」については、

 

solio1014

出典: スズキ公式サイトより (ソリオ)

また、ノートのライバル車と思えるソリオについても、

 

tank1109002

出典:トヨタ公式サイトより (タンク)

ソリオのライバル車と見られるトヨタの「タンク/ルーミー」については、

こちらでも詳しく書いていますので、是非参考にしてみてください。

 

日産ノート「e-power」の燃費の数値

燃費の数値的には、グレード「X」の数値が現実的なものとなるようです。

X」のカタログ上の数値は34.0km/Lのようです。

 

ただ、「X」の実燃費となると、「どのくらいになるのかはまだ分からない」というのが、営業マンの口から出ていました。

その理由は、日産の電気自動車「リーフ」の補助的な感じでガソリンエンジンを使っているので、まだデーターが出ていないということらしいのです。

 

確かに営業マンのいうことにも納得はできますが、ノート「e-power」を作るにあたってテストはそうとう繰り返してきたはず。

実燃費に関してもそうでしょう。

絶対に実燃費のデーターは記録しているはずだと思います。

 

なので実燃費は分からないということはないと、正直私は思っていますが…

発表前なので、具体的な数値のコメントは控えているのか?

Sponsored Link

 

日産ノート「e-power」の燃費に疑問/お得な車なのか?

「リーフ」も24kwhと30kwhの駆動用バッテリーを使っています。

充電して走れる距離もカタログ数値で24kwhが225km、30kwhが280kmと違います。

「リーフ」に関しても、実燃費になるとだいたいカタログ数値の70%ぐらいと聞いています。

 

leaf1023

出典:日産公式サイトより (リーフ)

日産の電気自動車「リーフ」に関しては、

 

こちらで詳しいことを書いています。

 

なので実燃費は24kwhが157.5km、30kwhが196kmとガクンと減ってきます。

しかも、この数値は8時間かかって普通充電できる自宅で満タンに充電した時の数字です。

ディーラーやコンビニ、道の駅などで30分でできる急速充電を使った時には80%までしか充電できなくなるのです。

その場合、「リーフ」の24kwhが126km、30kwhが156.8kmまで走れる距離が落ちてきます。

 

leaf1028007

出典:日産公式サイトより (リーフ)

 

日産から出ている電気自動車「リーフ」については、

こちらで詳しく説明していますので、参考にどうぞ。

 

私の頭の中ではノート「e-power」が動くことによって走行中にある程度発電してバッテリーに貯めていくので、ガソリンはあまり使わないイメージを持っています。

その考えだと、そうとう燃費が良くなるはずです。

でも実際は、アクア・フィットよりも少し上の燃費。

「X」の34km/Lという数字は悪い数字だとは思わないのですが…

電気自動車の補助的なエンジンとして見ると…

 

価格も現行型よりもだいぶ上がっていますので。

あまり購入するお得感がない車に見えてきたのです。

私だけがこんな疑問を持っているのでしょうか?

 

日産ノート「e-power」の燃費に疑問があるなら…

正直、まだ発売されていないので完全な私の憶測になりますが…

本当の実燃費はこれから数か月後に少しずつ明らかになってくることでしょう。

なので日産ノート「e-power」の購入は、疑問があるならもう少し控えていた方がいいのかもしれませんね。

 

(2016年11月2日 追加記事)

日産ノート「e-power」の燃費/ライブ映像を見て

先程、日産ノート「e-power」の発表の様子をユーチューブのライブ映像で見ました。

 

 

さすが日産、「ひと踏み惚れ」という言葉にしびれました。

ゲストに芸能人のあの方が来ているとは…

「あばよ!」で有名な柳沢慎吾なんて。

 

燃費の件ですが、「e-power」エンジン構造の内部も車と一緒に置いてありましたね。

それを見ると、私が想像していたよりもエンジンの占める割合が多い印象を受けました

展示車を見た時には時間がなかったので、ボンネットを開けてエンジンまでは確認しませんでしたので。

 

エンジンが半分、電気を作るモーターは全体の2割ぐらいかと。

エンジンは今まで使っていたノートのエンジンではないのかもですね。

私はてっきり、今までのものを使って開発していたと思っていたので。

全く新しいエンジンだとすると、燃費は私が思っていたほどそんなに良くないかもです。

 

燃費も納得しましたが、はやり試乗してみたいとの気持ちが強くなったようでした。

リーフの試乗で体感した、加速の感動を今回のノート「e-power」でも早く体感してみたいです。

 

別に私は、日産を批判したり、けなしているつもりではないのでそこは誤解しないでくださいね。

これから日産のノート「e-power」を購入する消費者の立場から見たままのことを言っているだけなので。

 

Sponsored Link