ノート「e-power」のカタログ/実車を見てきた!

市街地で車を運転していると、日産の前でお客さんが営業マンと話していました。

その車は「ノート」。

 

note1102004

出典:日産公式サイトより (ノート)

 

そう言えば、11月2日にノートe-powerが追加発売になるとは先日行った日産の営業マンから聞いてはいましたが…

カタログはもうそろそろ来るはず!

そう思っていた矢先のことでした。

 

もしかして、発売前に展示車としてお店の前に並べているのか?

そういえば、セレナの新型が発売になったときにも1週間前以上には店頭にあったな。

今回も、もしかしてそのパターンなのか?

 

そう思いながら日産に入り、展示車のほうに行ってみると…

やっぱり、当たっていました!

11月2日発売予定のノート「e-power」の実車です!

 

運転席と助手席のドアの下の方に「e-power」のエンブレムが付いていました!

リヤハッチにもエンブレムがありましたので間違いなさそうです。

Sponsored Link

 

ノート「e-power」のカタログよりも実車はかっこいい!

ノート「e-power」を眺めていると営業マンが来ました。

私が、「これ今度発売のノート e-powerですよね?」と営業マンに聞くと、「はい、そうです。今日、展示したばかりです」との答えが。

形は、今のノートとそこまで変わっている感じはなさそう。

 

営業マンに、ノート「e-power」は外観のどこが変わっていますか?と聞くと、「フロントマスクが変わっていますよ」と言われました。

どらどら…

 

あ、変わっている…

でも、どこかで見たフロントマスク…

「あ、セレナの新型だ!」

 

serena1030

 

出典:日産公式サイトより (セレナ)

 

新型のセレナ ハイウェイスターほどのバンパーの張り出しはありませんが、標準型のセレナの新型のフロントマスクによく似ていると私は思いました。

先日、お邪魔した日産では、まだカタログがないとのことでもらっていなかったので正直どんな車に進化するのか分かりませんでしたので…

今までのノートはどちらかというと、のっぺらぼうの感じがしていました。

 

でも、実車のノート「e-power」ではV字型に大きく張り出されたフロントマスクがカッコいいですよ!

おまけにV字ラインの中のほうには、ハイブリッド車によく使われている青い線がスッと入っていますのでこれがなかなかオシャレ。

8月に発売されているセレナの新型「スマートシンプルハイブリッド」とは、少し違う味付けになっていますね。

セレナのほうは「スマートシンプルハイブリッド」と呼ばれていますが、私から言わせると「なんちゃってハイブリッド」です(笑)。

 

でも、このノート「e-power」は違うということなのでしょうね。

ガソリンは使うけど、それはほんの補助的な時だけ。

基本的には電気で走って行く車の位置付けに考えているようですね、日産は。

 

日産から出している電気自動車「リーフ」みたいにバッテリーの残量を気にして走らないでよいのが、今回のノート「e-power」の特徴でもありますから。

外観では後ろのテールランプの形も少し変わっているようですが、前のほうのグリルがかっこいいのでそこまで分からないかもです。

 

ノート「e-power」については、

こちらでも詳しく書いています。

 

ノート「e-power」の燃費は?(カタログ数値と実燃費)

室内のほうも見てみました。

室内の内装では、パッと見た目にシフトノブが電気自動車の「リーフ」と同じ電子制御になっていますので、丸いボールみたいなシフトノブが目立っていました(笑)。

もう、これが付いているだけで異次元の世界に入っている感じがしてきました。

 

ちなみに燃費について聞いてみました。

カタログ上では37.2km/L走ると、先日行った営業マンは話していたので。

実際の実燃費はどのくらいなのかとても興味がありますからね。

 

でも、営業マンから出てきた言葉は、「正直、どのくらいになるのか分からないのです」

「今回のノート e-powerの燃費はカタログ上で37.2km/Lというのは間違いないのですが、なにぶんまだ実際に走っていないので私たちもどのくらいになるのか分からないのです」

こう営業マンは言っていました。

 

やはり、ノート「e-power」という車は未知数の車なのでしょうか?

いや、でも、実験でどのくらいになるのかはデーターが出ているはず。

街中での走行も絶対していると思うので、だいたいの数字は出ているはずだと私は読んでいますが…

 

この実燃費に関しては、三菱自動車の燃費不正事件で日産のほうも大きな打撃を受けているのでしょう。

あまりいい加減な数値は言えないということなのでしょうか。

でも私たち消費者からすれば、どのくらいに燃費になるのかというところは興味津々のはずです。

Sponsored Link

 

ノート「e-power」の薄いカタログ

私もノート「e-power」のカタログをもらいましたが、一枚ものの薄いカタログ。

もちろん、燃費の数値などは書かれていません。

詳しく書かれているカタログは11月2日の発売以降にもらえるということですので、その日まで我慢するしかないようですね。

 

そしてカタログの最後のほうにはちゃっかり「リーフ」の写真と宣伝文句が入っていました(苦笑)

 

leaf1023

出典:日産公式サイトより (リーフ)

リーフについては、

こちらで詳しいことを書いています。

 

日産としては「ノート e-power」と「リーフ」を比べた場合に、「リーフ」にもお客が流れていくという読みがあるのかもしれませんね。

中途半端なガソリン車よりも完全な電気自動車がいいという人もいると思いますから。

という私もまだ、「リーフ」に乗ったことがないので、何とも言えませんが…

 

ノート「e-power」/カタログと試乗で品定め?

せっかくなので「リーフ」に乗ってみたいとダメ元で営業マンに言ってみると…

笑顔で、「是非、リーフに乗ってみてください!」との言葉が。

 

ということで、ノート「e-power」の実車を見にきたはずが、「リーフ」を試乗することになってしまいました(笑)

ここではノート「e-power」をメインで書いているので詳しい試乗の様子は、「リーフ」の記事のところで書きますが、一言でいうと「電気自動車、いいですよ!」って感じでした。

 

ガソリン車とは違ってアクセルも軽いし、加速もしなやかに行きます。

坂道でも全然へっちゃらな感じです、リーフは。

 

ノート「e-power」を乗った感じは「リーフ」だと思っていても大丈夫だと営業マンから言われました。

ネットで見ると、電気自動車のリーフの欠点は、常に走行できる距離を考えて走らなければいけないので冷や冷やしながらの運転になるとの声もあります。

 

でもこのノート「e-power」なら大丈夫の感じがしてきました。

ノート「e-power」は補助的にガソリンを使いますが、基本的には電気で動いていく車。

ガソリンさえしっかりと入れて置けば、エンジンが途中で停まったりしなくなるわけで。

そういう面では、ノート「e-power」は優れていると思いますね。

ただ、燃料代はガソリン代がいるという違いになります。

 

11月2日のノート「e-power」の発売開始のあとに、じっくりと試乗してみたいと思います。

その時には、詳しく書かれているカタログももらってじっくりと品定めをしていきます。

Sponsored Link