セレナの新型にe-powerが搭載?

2016年8月に発売されたばかりのセレナ新型

なんと、このセレナに「e-power」なるハイブリッドの発売の噂が…

 

serena09042

出典:日産公式サイトより

 

私はセレナの試乗会に行ったときに営業マンにハイブリッド車は出ないんですか?と聞いたことがあります。

その時の営業マンの答えは、「来年の夏ぐらいじゃないですかねー

 

でも、そのあと、ホンダのフリードを見に行った時には、ホンダの営業マンの言葉は違っていました。

日産のセレナは今年中にはハイブリッド車を発売するようですよ

私:ホントですか?でも日産の営業マンは来年の夏だと言ってましたけど…」

「いや、多分今年中には発表すると思いますよ」

とまぁ、こんな具合で話していたんです。

 

で、最近になってセレナに「e-power」が搭載されて2017年1月に発売されるっていう記事を見つけました。

でも、これもホントなのかな?と思っています。

なので、今回はセレナの「e-power」なるハイブリッド車の今後の展開について私の予想をしていきたいと思います。

Sponsored Link

 

セレナの新型 そもそもe-powerって何?

「e-power」って言葉は、最近私が日産から11月2日に発売予定の「ノート」の記事に使っていた言葉でもあります。

 

note11020010

出典:日産公式サイトより (ノート)

 

「e-power」は電気自動車(EV)の補助的なエンジンとも言えばいいのでしょうか。

 

基本的には電気で走って行きます。

バッテリーがたくさん残っているときには電気モーターの力だけで進んでいきます。

バッテリーの残量が少なくなると自動的にガソリンに切り替わり、発電用のモーターと連動して車を動かしていきます。

 

この辺りの表現はわかりずらいですね。

まぁ、登り坂とか高速道路の本線に入るときなどグッと加速が必要なときにガソリンを使うイメージで大丈夫かと思います。

日産では電気自動車として「リーフ」がありますね。

 

leaf1023

出典:日産公式サイトより (リーフ)

リーフに関しては、

 

また、「ノート」に関しては、

こちらに詳しく説明していますので、参考にどうぞ。

 

「ノート」も「リーフ」に使われているエンジンを使って発売されるようですが、まさか「セレナ」の新型にも同じように「e-power」を搭載するとは正直思っても見ませんでした。

だって「ノート」に使われているのは1200ccのエンジンでしょ。

現在、お客さんにも好評で発売中のセレナのエンジンは2000ccですから。

 

セレナの新型にe-power/違和感なく走るのか?

確かに、他のメーカーを見るとトヨタのヴォクシーノアエスクァイアは1800ccのハイブリッド車を出して来ています。

ホンダのステップワゴンはハイブリッドではないにしても、1500ccのダウンサイズしたエンジンを使っています。

 

ヴォクシーに関しては、

 

ノアに関しては、

 

エスクァイアに関しては、

 

ステップワゴンに関しては、

こちらで詳しく書いています。

 

ここまで見ていくと、「じゃー、1200ccでも行けるよね!」ともなるでしょうが…

よく考えてみてくださいね。

1200ccのエンジンですよ。

 

いくらホンダのステップワゴンがダウンサイズして1500ccのエンジンを開発したといっても、これはガソリンエンジンでの話。

日本でシェア率ナンバー1のトヨタでさえも、ヴォクシー・ノア・エスクァイアは1800ccのエンジンで作られているんです。

それをいきなり600ccも小さくして、セレナの新型に搭載するとは…

 

セレナとノートを比較しても大きさ・重量ともに、とても大きく重い車がセレナですから。

電気自動車のアシストをするぐらいのエンジンだからといって本当に違和感なく走って行くのだろうか?と私は疑問に思っています。

 

まぁ、実験・試験は相当したのでしょうから、自信を持って発売するのでしょうけどね。

正直、まだ「ノート」のe-powerも発売されていないので憶測でしか話せないのが残念です。

Sponsored Link

 

セレナの新型にe-power/ノートの試乗で分かるかも?

11月2日以降に「ノート」の試乗に行きますので、その試乗した時にどう感じるのかとても楽しみです。

日産の営業マンは「電気自動車の加速を体感すると病みつきになりますよ」と言っていたので、とても興味がそそられるところです。

 

serena09046

出典:日産公式サイトより

 

しかも2017年1月に発売と噂されるセレナの価格は300万円を切るぐらいとか。

私的には軽く300万円は超えてくるとは思っていますが、どうなんでしょうね?

もし車両本体価格が300万円を切っての発売だったとしたら、爆発的な売れ行きになるんじゃないでしょうか。

あくまでも予測ですが…

 

でも実際に、8月発売のセレナの新型は売れ行きはよいと聞いています。

9月初めにリコールがあってもです。

そう考えると、一般庶民の心を掴んでいる車なのかもしれませんね、セレナは。

 

セレナに関しては、

こちらでも詳しく書いています。

 

あと、セレナの不安材料としては、オプション関係を付けていくと総額が高くなるということでしょうか?

オプションをたくさん付けなければ、価格もだいぶ抑えられそうですが。

セレナ e-powerに関しては情報が入り次第、ブログにアップしていきますので楽しみにしていてくださいね。

Sponsored Link