日産リーフの充電料金は魅力的?

日産から出ている電気自動車のリーフ

とても経済的で魅力的な車ですが、肝心な充電料金はいくらぐらいかかるのでしょうか?

リーフという車の名前、そして電気自動車と言うのはずっと前から知っていました。

 

leaf1028002

出典:日産公式サイトより (リーフ)

 

でも、最初の頃は確か400万円以上した車じゃなかったのかな?

日産リーフはとても価格が高いイメージが頭に入っていましたね。

個人での使用よりも会社などの法人での車と言うイメージがありましたので。

 

でもですね、最近、日産の「ノート」と言う車に興味が出てきて、少しイメージが変わりました。

日産ディーラーに行ったら、「リーフ」が普通に置いてありました。

 

私が見たリーフは中古車だったので試乗はできませんでしたが、運転席、2列目のシートにも座ってリーフの感触を確かめることができました。

私としては11月2日に日産から発売される「ノート e-power」なるハイブリッド車に興味があって見に来たのですが…

 

note1102006

出典:日産公式サイトより (ノート)

 

「ノート e-power」については、

こちらで詳しく説明しています。

 

今は、ノートの新車よりも「リーフ」の中古車のほうに興味をそそられている状態です。

もちろん、新型の「ノート e-power」にも興味があるのですが、何せ100%電気で動く自動車です。

ガソリン代はゼロ円で生活できるのですから。

 

そのなかで、一番気になっているのが電気の充電料金だと思うんですよ。

これは私だけでなく、リーフに興味がある人には知りたくてたまらないことだと思うんです。

今回は日産「リーフ」の充電の時にかかる料金について詳しく書いていこうと思います。

Sponsored Link

 

日産リーフの充電料金は安いの?

さて、日産リーフの充電ですが、簡単にできるって思っていませんか?

・・・

私は充電は簡単にできると思っていましたよ!

だって家庭用の電気を使えるのですから。

 

leaf1028007

出典:日産公式サイトより (リーフ)

 

でも、実際はちょっと違っていたみたいです。

いえ、家のコンセントからリーフに電気を充電できないことはありませんよ。

 

ただ、電気も一般家庭で使われている100Vのコンセントでは無理があるんです。

100Vでも使えないことはないと書かれているようですが、トラブルになることが多くあって最悪の場合火事になる可能性もあるようなので、そのままでは使わない方がよさそうです。

 

なので日産リーフを充電するときには200Vのコンセント替えてから使用するのが無難な使い方だと思います。

100Vから200Vのコンセントへの切り替え工事については、あなたが今住んでいる近くの電気工事屋さんに聞いてから付け替えて方がよいでしょう。

当然、日産に言えば工事をしてもらえるのですが、工事料金が高いとネットでもたくさん書かれていますので、格安で取り付けたいのなら地元の電気工事屋さんに頼むほうがいいかと思います

 

私も「ノート」のことを聞きに行ったときに、営業マンに「リーフ専用のコンセントの工事はどのくらいかかるのですか?」と聞いたところ、「12~13万円ぐらいですかね」という返事が返ってきました。

続けて営業マンは、「家庭でリーフが充電できるコンセントの工事費については日産から10万円の補助金が出ますので、実際は2~3万円の自己負担となります」との答えが。

また、「日産の専用カード購入で全国に置いてある充電スポットは無料になります」と言っていました。

 

そのカードには1,500円と3,000円とがあり、3,000円のほうがリーフを充電するスポットが多くなるとも言ってましたね。

その説明を受けた時には、「すげぇー、3,000円で使い放題なのか!」と興奮していました。

 

だって家庭での充電は、1ヶ月間で1,000キロほど走ったとき1,000~1,500円の電気料金になりますからね。

ミニバンなど大きな車に乗っていると1,000キロで1万円のガソリン代は使いますから。

それに比べたら全然安いじゃないかと。

Sponsored Link

 

日産リーフの車体価格と充電料金

でも実際、家に帰ってからリーフのことを調べていくと…

 

「あまりおいしい車ではないかも?」と疑問を抱くようになりました。

ネットでは、リーフ自体、あまり歓迎されていない様子。

 

leaf1023

出典:日産公式サイトより (リーフ)

リーフに関しては、

こちらで詳しいことを書いています。

 

でも、日産リーフの中古車を見てみると、「あるわ!あるわ!」

まだ発売から10年も経っていないのに中古車が結構たくさんあるじゃないですか!

しかも1年落ちの型でも車体価格は200万円切っています。

 

今年のモデルでも200万円を切っているリーフもあったぐらいです。

5年落ちぐらいになると車両価格は100万円を軽く切ってきていますからね。

確か新車の車体価格は300万円近いはず。

 

なのにどうして?

電気自動車なのに?

答えを言うと…

 

不人気車だから!

 

たぶん、これが原因だと私は思います。

だって電気自動車じゃん!

私も最初はそう思いましたが、そこまで便利な車ではなさそう。

 

確かに自分の家で電気を充電すると、料金は1,000~1,500円ぐらいで行けそうな感じはします。

でも実際は、少し遠乗りをするとバッテリーの容量がそんなに大きくないので走行できる距離も少なくなるということ。

 

自分の家でリーフを充電すると満タンになりますが、それ以外のところで充電すると急速充電で8割の充電しか
できません。

もし中古車を買ったとすると、バッテリーの残量は満タンではないはずです。

5年落ちの型の日産リーフだと200キロは走れないのかと思います。

だいたい150キロ走ればよい方なのかな?

 

この距離の8割が30分の急速充電できますので、120キロは走れる計算になります。

ただし実際に走れる距離はゼロになったらリーフは止まってしまうので、余裕を見て30キロぐらいで充電するかたちになるのかと思いますが。

そうすると走れる距離は90キロまでと、とても少なくなってきます。

新車から乗るなら走行できる距離は90キロにプラス30~40キロは増えると思いますが、バッテリーの消耗はしょうがないですからね。

 

日産リーフの保障と充電料金

しかも日産が保証している期限は5年または10万キロのどちらか早い方で保証が切れるようです。

保証が切れてバッテリーの交換が必要になると、60万円ぐらいかかるようですから。

 

そしてリーフを充電できるスポットが多くなったといっても、自分の家の電気料金とカードで支払う料金を合わせると5,000円近くなる人もたくさんいるようですよ。

まぁ、使い方によるのでしょうが。

 

おもに自宅と会社の通勤に使う人なら、自宅の電気料金の1,000~1,500円で済むでしょう。

でも、休日に遠出をして県外に行ったりする機会が多い人なら、もしもの場合を考えて3,000円のカードを購入したほうが無難だと思います。

そうなると4,500円ぐらいは充電料金で支払うことに。

 

距離をたくさん乗る人ならガソリン車に比べると全然安いのでお得感がありますが、反対に走行距離が少なくてたまに遠出するぐらいの人には結構な料金となるかもです。

しかもバッテリーの残量を計算しながら走るので、いつ充電が必要になるのかをいつもチェックしていなければなりませんから。

ハラハラドキドキのドライブになるようです。

 

日産リーフは自分に合った充電料金の使い方が大事!

この日産のリーフを乗るなら、完全に近場のセカンドカーとして使うか、遠出をたくさんして使う2つの使い方しかないのかなと思いました。

特に、たまに遠出をする人や自分の家以外では充電するのがイヤな人にはリーフは向いていないでしょうね。

 

充電するときの電気料金がいくらなのかをを考える前に、今自分はどんな車の使い方をしているのかをしっかりと振り返ってみることも必要です。

要は、自分の使い方にあった車を選ぶことが大事だと思います。

Sponsored Link