フリードプラスの見積もりを出してもらった!

先日、フリードプラスを見に行ったことは話しましたよね。

その時、見積もりも出してもらいました。

この様子は、

 

フリードの方が売れ行きが良いのか、フリードプラスはあまりディーラーでも見かけません。

 

freedplus1025015

出典:ホンダ公式サイトより (フリードプラス)

 

そういえば、フリードの発売日だった2016年9月16日にホンダのお偉いさんがフリードのほうが予約受注もたくさん入っているとか言ってましたね。

だからなのでしょうか?

ディーラーにフリードプラスを置いていないのは。

 

まぁ、ディーラーからすれば注文の多い車を店頭には並べておいて、お客を集めたいですからね。

でも、旧型のフリードスパイクの時には結構売れたと思うんです。

 

freed-spike1025

出典:ホンダ公式サイトより (フリードスパイク)

 

私からひとこと言わせてもらうと、フリードとフリードプラスの両方とも店頭に並べて試乗させてもらいたいなーという思いがあります。

 

両方並べておくと、必ずお客さんはフリードとフリードプラスの比較を始めると思うんです。

アウトドアが好きな人だっているだろうから、「じゃー、とりあえずフリードとフリードプラスの見積もりを作ってください!」と来るのではないかと私は見ているのですが…

 

ということで、今回はフリードプラスの見積もり最新情報について詳しく書いていこうと思います。

Sponsored Link

 

フリードプラスの見積もりとむかつく営業マン?

フリードプラスを購入しようと考える人は、アウトドアが好きな人だと思います。

そういう私も、アウトドアが大好きですから(笑)

 

私の場合、オフロードバイクを昔からしていたので、自然に好きになったのかな?

バイク自体もホンダに乗っていたので、バイクと車と大きさが違いますが、根っからのホンダファンのひとりです(笑)

なので私も一度ちゃんとフリードプラスを見てみたいと思っていました。

 

フリードプラスの中を見て、とても良い車だと思ったので見積もりを出してもらうことに…

営業マンはしばらく事務所のほうに戻って、見積書を作成してました。

 

正直いうと私はその場で見積もりを作ってくれるのが好きですね。

だって、こっちが何も言っていないのに、付けて欲しくないオプションがたくさん付いている見積もり書がたくさんありましたから。

見積もりってものはあくまでも仮りのものですが、オプションが山ほど着いた見積もりって好きですか?

 

営業マンの売り込みも分かりますが、お客さんとしっかりと向き合うのにはお客さんの要望を横で聞きながら作成していくのが、よりお客さんとの距離を近くしていく方法なのではないかと私は思っています。

すいません、何か熱く語ってしまって…

 

この間、結構むかつく営業マンに当たってしまって…

お客のことを考えていない営業マンは、ダメですよ。

営業マンの話は、また今度ゆっくりとしますね。

今日はフリードプラスの見積もりについて書いていますので(苦笑)

 

shingatafreed09300010

出典: ホンダ公式サイトより (フリード)

フリードについては、

 

sienta0921

出典: トヨタ公式サイトより (シエンタ)

またフリードのライバル車でもあるシエンタについても、

こちらでも詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

 

フリードプラスの見積もりの詳細は?

さて気を取り直して、フリードプラスの見積もりがどんな風だったのかを早速見ていきましょう。

グレード:フリードプラス ハイブリッド EX

shingatafreed09300012

出典:ホンダ公式サイトより (フリードプラス)
(ガソリン車 FF 5人乗り)
ボディカラー:コバルトブルー・パール
シート:ブラック

 

車両本体価格:2,676,000円

 

諸費用:108,430円
(内訳)
自動車税:8,600円
自動車取得税:0円
自動車重量税:0円
自賠責保険料:40,040円
印紙代:200円
車庫証明代行費用:15,984円
検査登録届出代行費用:24,516円
リサイクル資金管理料金:380円
車庫証明:2,750円
検査・登録・届出:5,900円
リサイクル預託金額合計:10,060円

 

付属品合計:225,072円
(内訳)
ドアバイザー:24,948円
ライセンスフレーム:4,698円
フロアマット:26,676円
ナビ 174VFXI:145,422円
ナビ ATT:2,160円
マットガード:18,468円
ETCセットアップ:2,700円

 

総額(税込):3,009,502円

 

フリードプラス ハイブリッド EXの見積もりは、このように出ました。

 

見積もりを出してもらったフリードプラス ハイブリッド EXはフリードプラスの中でも一番上のグレードです。

ですので、車両価格だけでも267万円するので総額は軽く300万円は超えてくるだろうとの予想はしていましたが、案外300万円ちょっとで収まったのは意外でした。

Sponsored Link

 

フリードプラスの見積もり/アウトドアが好きな人にはピッタリ!

まぁ、正直このスモールミニバンクラスに300万円もかけるのはちょっと考えますが…

でも考えようによっては、一番上のグレードでこのくらいの値段ですから、フリードプラス ハイブリッドのクラスの一番下のグレードは「ハイブリッド B」で2,276,000円ですよね。

 

「ハイブリッド EX」と「ハイブリッド B」の車両本体の価格差は40万円あります。

ということは、「フリードプラス ハイブリッド B」で見積もりを出してもらったとしたら、総額260万円ぐらいでも購入できるということになりますよね。

 

まぁ、私の出してもらった見積もりでは、そう贅沢なオプション関係は付けていません。

でもナビは付いているし、必要最低限の装備は付いていますのでそこまで不自由することはないかと思います。

 

フリードプラスは5人乗りで使い道は限られてきますが、アウトドアが趣味な人にはピッタリな車だと私は思います。

何せ、2列目の席がフラットになり大人2人なら車中泊ができる車に仕上がっていますからね。

 

ただ、注意して欲しいのが、身長が180cm以上の人には車中泊はむずかしいということ。

車中泊するのがひとりの場合には斜めに寝てしまえば大丈夫だと思います。

でもその身長で2人が車中泊するとなると、ちょっとむずかしいかと…

175cmぐらいまでの人だったら大丈夫です。

 

見た目にはそんなに大きくないので車中泊できる車なのか疑わしいですが、実際に中に入ってフラットなスペースに寝てみると、このフリードプラスがいかに広いかが実感してもらえるかと思います。

私がフリードプラスでの車中泊で進めているオンリースタイルのマットを使って寝ると最高の寝心地だと思いますよ。

 

一番下のグレード「フリードプラス ハイブリッド B」でもハイブリッド車なので燃費もいいですからね。

実燃費は20km/Lは行くのではないでしょうか?

 

アウトドアで使うのなら室内も汚れる場合も出てくるだろうし、装備に関してもナビがあれば何とかなるでしょう。

それよりも、少しでも安く購入して自分の好きなように、室内をアレンジしたほうが楽しいかもですね。

Sponsored Link