ノート「e-power」の見積もりが気になる?

先日、フラリと飛び込んだ日産。

お目当ての車はノートでしたが、まだ発表前ということで現車のほうは見ることはできませんでした。

 

note1102003

出典:日産公式サイトより

 

ノートでは「ハイブリッド」と言う表現ではなく「e-power」と名付けているのですが、私から見るとハイブリッドのほうが分かりやすいですね。

でも、「e-power」とやらの性能も気になるし…

やはり新しい性能だと、どんな車なのかとても気になるじゃないですか?

 

だから、とりあえず見積もりを出してもらうことにしました

営業マンのほうもまだ発売前なので、現行型に付いている人気のオプション関係をとりあえず付けてもらうことに。

Sponsored Link

 

ノート「e-power」の見積もりが290万円って?

見積もりの紙を営業マンから渡されて、サッと目を通すと…

あれ???

合計金額が290万円を超えているじゃありませんか?

 

確か、見積もりを作ってもらう時に「e-power」でお願いしますって頼んだのですが…

まさか290万円超えだとは(汗)

 

私が驚いた顔をしていると、すかさず営業マンがフォローの一声を。

「とりあえず、e-powerの一番グレードの高いメダリストで見積もりを作ってみました。あくまでも仮りですから、大体の価格を把握してもらうだけでも大丈夫です」

 

私としても、何が何でも日産のノート「e-power」じゃなきゃダメってわけではありませんからね。

「ま、いいか」

こんな気持ちで見積もりに目を通していきました。

 

ノートに関しての情報は、

 

leaf1023

出典:日産公式サイトより (リーフ)

また、同じ日産の完全な電気自動車である「リーフ」については、

こちらでも詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

 

ノート「e-power」の見積もり価格の詳細

どうやら、ノート「e-power」メダリストになると、車体価格だけで230万円もするようです。

この230万円の中にボディカラーとナビ取付の追加料金が含まれていました。

 

私が選んだボディーカラーはブリリアントホワイトパール

見積もりの詳しい数字は次の通り。

 

note11020011

出典:日産公式サイトより

 

ノート 「e-power」メダリスト

車両本体価格:2,309,040円

 

諸費用:237,436円
(内訳)
自動車税:11,500円
自動車取得税:0円
自動車重量税:0円
自賠責保険料:40,040円
車庫証明代行費用:15,660円
検査登録届出代行費用:21,384円
下取車手続き代行費用:10,152円
納車費用:0円
下取車査定料:7,020円
車庫証明:2,750円
下取車諸手続預かり法定費用:500円
検査・登録・届出:3,360円
販売車両リサイクル料金:8,270円
GP保証料:10,000円
メンテプロパック:106,800円

 

付属品合計:369,285円
(内訳)
プラスチックバイザー:19,851円
ナンバープレートリムセット:4,320円
フロアマット:20,906円
マルチラゲッジボード:27,052円
ナビ:163,666円
ドライブレコーダー:39,000円
バックビューモニター:36,000円
ドアミラー自動格納:11,664円
マットガード:18,206円
ETCユニット:25,920円
ETCセットアップ:2,700円

 

総額(税込):2,915,761円

 

見積もりは随分と高い金額となりましたが、まぁ、ここから要らないものを除いていくと、275万円ぐらいにはなるのかな?

Sponsored Link

 

ノート「e-power」の見積もり/ソリオとのバトルの予想?

でも、やはり「e-power」になると価格も上がってきますね。

そういえば、もう一つ下のグレード「X」になると車体価格が200万円を切るとか言ってましたので、30万円ぐらいは安くなるのかなと思っていますが。

それでも250万円ぐらいの見積もり価格にはなるでしょうけど。

 

私がひそかにノートのライバルだと見ているスズキのソリオも、多分12月ぐらいまでには今の現行型のソリオよりさらに燃費の良い「ストロングハイブリッド」という名のハイブリッド車が追加で販売されるみたいです。

現在発売中のソリオハイブリッドのカタログ燃費は27.8km/L

それが34km/Lまで改良されてくると噂されています。

 

solio-bandit1014

出典:スズキ公式サイトより (ソリオ バンディット)

 

私が先日ソリオバンティットを試乗した時には、担当営業マンは何もそんなことは話していませんでしたが…

まだ内々での話なのでしょうかね?

ソリオに関しては、

 

tank11090014

出典:トヨタ公式サイトより (タンク)

ソリオのライバル車と見られるトヨタの「タンク/ルーミー」については、

こちらでも詳しく説明しています。

 

でも、年内にはソリオのストロングハイブリッドは出てくると、私は予想しています。

その時、ノートとバトルするのではないか?とも見ていますが…

 

燃費でいうと、ソリオのほうが少し悪いようですが、室内の広さは正直言ってしまうとはるかにソリオのほうが広いです。

特に2列目の足元に関しては、ずば抜けてソリオが広いですから。

もう考えた時に、多分合計金額が同じぐらいになるとすると、燃費の良い車を選択する人と、室内の広さを選択する人が出てきます

 

そうなったときにノート VS ソリオになるのではないか?

私はそう予想していますが…

 

でも、ノート「e-power」もソリオ「ストロングハイブリッド」もまだ発売されていないので現地点でははっきりとしたことは何も言えないですが。

一応、見積もりは出してもらっていますが、あとは試乗車が来て乗ってみてどう感じるかですね。

 

リーフと同じ感覚で運転できますよと営業マンが言っていましたが、リーフ自体に乗ったことがないので全然分かりませーん(苦笑)

とりあえず、11月2日の発売後の試乗を楽しみに待つとしましょう!

Sponsored Link