フリード新型の3列目の使い道は?

フリードの新型に興味を持っている人は意外に多いかと思います。

特に3列目のシートには関心があるのでは?

だってこの車に興味があるとすれば、3列目の使い道を考えている人が多いのではないかと。

 

排気量は1500cc、ミニバンで人気の新型セレナやヴォクシー、ステップワゴンクラスのミニバンよりもひと回り小さなミニバンですからね。

今は排気量もダウンサイジングされて来ているので、フリードと同じホンダのステップワゴンも1500ccです。

 

6月末にフリードの新型が公表される前には、フリードもダウンサイジングで排気量1000ccを出すのではないかという噂も飛び交っていましたが、今回の新型の発表でその話はもうしばらく後になりそうです。

 

freed0908

出典: ホンダ公式サイトより

 

この記事を読んでいる人は、今まで走っていたフリードと比較してどのくらい3列目のシートの足元が広くなったのかを知りたいのでは?

ということで、今回は新型フリードの3列目について書いていこうと思います。

 

フリードの新型についての詳しい情報は、

こちらの記事も是非読んでみてくださいね。

 

Sponsored Link

フリードと新型シエンタの3列目の比較

先日、フリードの新型を見るために近くのディーラーに行き、展示車を見てきました。

外観はカタログで見るよりも、かっこよい車だと思います。

 

でも私が一番見たかったのは、3列目のシート

 

しかもシートの足元にとても興味がありました。

それはなぜか?

 

ずばり、トヨタから発売されている新型シエンタとの比較をしてみたかったから。

 

sienta0908

出典: トヨタ公式サイトより

 

新型シエンタは昨年にフルモデルチェンジして発売されてから、売り上げ好調を維持しているミニバンです。

ひと回り大きいヴォクシーよりも月間の販売台数が多い新型シエンタ。

私も実際に新型シエンタを試乗しています。

だから、今回のフリードはどのように新型シエンタに対抗してくるのか楽しみにしていました。

 

新型シエンタを見た時に3列目のシートの足元が非常に狭かったので、フリードはどうなるのかを見たいと思っていました。

新型シエンタでは3列目のシートはあるといっても、ホントに補助的なシートの役割しか果たしていない感じなのですから。

 

sienta0914

出典: トヨタ公式サイトより

 

試乗車で3列目に座ったときにトヨタの営業マンが、「では、2列目のシートを取り付けますね」と言った時には、正直驚きましたからね。

いきなり上から「カチャン」と被せてきたのですから。

しかも3列目の足元が狭いこと。

ガッチリと固定されているような感じ。

 

2列目のシートはスライド機能があるとはいえ、私の足元は2列目のシートの真下にすっぽりと入っているのですから。

これでは身動きが取れません。

 

※ 新型シエンタに関しては、

 

※ ソリオに関しては、

 

※ ソリオのライバル車となりうる日産の「ノート」に関しては、

 

また、ソリオのライバル車と言えるタンク/ルーミー/トール/ジャスティについては、

こちらでも詳しく説明していますので、参考にどうぞ。

 

フリード新型 3列目シートのスライド量

対して今回の新型が出る前のフリードは、ヴォクシークラスの足元の広さはないものの、足元には窮屈感はそこまでありませんでした。

だから、フリードの新型はもっと足元が広くなるんじゃないかと期待していたのです。

 

というか、最初に行ってもらったカタログにも2列目シートのスライド量が12cm広くなっていると書かれていたので楽しみにしていました。

で、実際どうだったかというと…

ちょっと期待外れでした!

 

私が3列目のシートに座った感じなんですが、今までのフリードとほとんど変わらない足元の広さでした。

正確に計ったわけではないので、あくまでも私の感覚としてです。

 

確かに2列目のシートのスライドはしましたが、2列目のシートを前にスライドさせると3列目の足元は広くなりますが、2列目に座る人の足元が狭くなってしまいます。

まぁ、これは仕方のないことでしょうが、正直もっと広いのかと思っていましたので、ちょっとガッカリ。

でも新型シエンタと比較すると雲泥の差。

 

Sponsored Link

 

フリード新型 3列目シートの硬さ

3列目のシートの硬さはというと、1列目、2列目のシートと比べると若干硬いと感じました。

でも新型シエンタの3列目のシートよりは良いのかと。

 

新型シエンタにしろ、フリードの新型にしろ、あくまでも3列目のシートは補助的なものですからね。

乗り心地を追求するとなると、新型セレナやヴォクシー、ステップワゴンなどのミニバンを検討したほうがいいかもです。

 

とはいえ、年に数回程度しか使わない3列目の使用頻度なら、フリードや新型シエンタでも充分かな。

ただ、新型シエンタの場合は、小学生低学年までの子供がいる家庭、もしくは孫が遊びに来るので緊急用として使いたいおじいちゃん・おばあちゃんには向いている車だとは思いますが。

 

フリードだとある程度大きな大人でも3列目のシートは使えると思います。

でもあくまでも3列目は、緊急用のシートだという認識が必要になると思ってくださいね。

 

フリードの新型 3列目シートの収納方法

あと少し気になったことがあります。

それはフリードの3列目のシートを収納する場合のことです。

 

今回のフリードの新型の場合は両サイドのガラス面に跳ね上げて収納する方法。

シートを折りたたむのは簡単にできますが、跳ね上げる時に少し重たい気がしました。

 

私は男なのである程度の重さでも持ち上げることはできますが、女性が使うとなるとどうなのか?

3列目のシートって意外に女性が運転して使うことが多い気がしています。

子供をたくさん乗せたり…

日常生活では主婦の人が多く使うのではないでしょうか?

 

だとするのなら、3列目のシートの収納はちょっと力がいるので、頭の隅に入れておいた方がいいかも。

新型セレナみたいに補助バネで軽く収納できる3列目シートだったら、もっと良かったのにと思いました。

 

Sponsored Link