新型セレナの試乗 内装・燃費・納車はどうなっている?

車の試乗ってのはとても大事ですね。

だいたい皆さん、「車を購入しよう!」って思った時には、契約する前に必ず試乗して決めると思うんです。

いくら試乗できるからっていっても、足を運んだ先のディーラーの近くの道路を10分から20分程度走らせて試乗するぐらいかなと。

 

でも、今回の新型セレナ試乗は違っていました。

最初の予定では30分程度の試乗予定だったそうですが、お客様にもっと日産の新型セレナの良さを知ってもらいたいとの考えから1時間30分ぐらいまで試乗できるように配慮されたとのこと。

 

高速道路のみを走ってプロパイロットの良さを見てもらいたいのだとばかり思っていましたが、それだけではないようでしたね。

この新型セレナには随所に見どころ満載な装備・機能が付いています。

 

特に車内には長い時間座っていたので、内装のことはよく分かった感じ。

 

serena0829

出典: 日産公式サイトより

 

昨日、一昨日と新型セレナの特徴について書いてきましたが、書くべきところがいっぱいあるので、ここまで長い文章になってしまいました。

 

新型セレナの詳しい情報については、

こちらにたくさん詳しく書いていますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

でも、ここはしっかりと書いておかないと、私もこの新型セレナの購入を考えているうちのひとりなので。

ホントは良くもない車を褒め称えて書くのはイヤだから。

 

だから、私の目に映った新型セレナの素顔を書いていきますので、楽しみに読んでみてくださいね。

今回は新型セレナの内装燃費納車について詳しく書いていきます。

Sponsored Link

新型セレナの試乗 内装が気になる?

では、まずは内装から。

今回の新型セレナになって内装のほうもかなり良くなっているようです。

試乗した時にそのことがよく分かりました。

 

試乗車に乗る前のディーラーに行ったときに展示車でも営業マンから説明を受け、座って乗り心地を確かめたのですが、今回の試乗会では実際に1時間以上シートに座っての運転をしていたので、乗り心地の良さがはっきりと分かった気がしています。

 

運転席・助手席の1列目のシートに関しては、何も言うことがないほど乗り心地は良かったですよ。

シートの程良い硬さ、少しお尻が奥に入り込む様な感じになるのですが、そのことが返ってちょうど良い位置に決まるので座り心地が良く感じるのかもしれません。

 

私たち夫婦が座ったシートの色は、ブラック

 

serena08296

出典: 日産公式サイトより

 

新型セレナのグレードはハイウェイスター プロパイロットエディション

serena082914

出典: 日産公式サイトより

ボディーの色は、マルーンレッドダイヤモンドブラックツートン色

 

 

ディーラーに行ったときに見たシートは、フェザーグレー

 

serena08299

出典: 日産公式サイトより

 

 

グレードは「X」。

serena082915

出典: 日産公式サイトより

 

シートの色も「セレナシリーズ」と「セレナ ハイウェイスターシリーズ」とでは若干違いがあるようです。

まぁ、「セレナ ハイウェイスターシリーズ」のほうが格上のグレードなのでしょうがないですが。

 

シートの色に関しては、プレミアムインテリアの色が人気があるようです。

 

serena08297

出典: 日産公式サイトより

 

茶色系の色って落ち着くのでしょうね。

このシートの色に合わせて、ボディーの色もカシミヤグレージュ/インペリアルアンバーという茶色系の色が人気だとか。

 

serena08298

出典: 日産公式サイトより

 

 

現車を見てないので想像の範囲でしか言えないのですが、多分かなり渋い車ではないかと思います。

 

あとはUSB電源ソケットに関してですかね。

 

serena082916

出典: 日産公式サイトより

 

2列目、3列目に2つずつの電源ソケットが前席の腰辺りに付いています。

この装備は今の時代は必須ですね。

スマホタブレットなど気兼ねなく充電できるのは大変助かる機能だと思います。

 

またテーブルも2列目、3列目にも付いていますから、車の中での食事にも活躍してくれますね。

 

serena082912

出典: 日産公式サイトより

 

また、ロールサンシェードも強い日差しには活躍します。

 

serena082910

出典: 日産公式サイトより

 

ちょうど新型セレナを試乗した日は、晴天で暑かったのですが、このロールサンシェードが付いていたおかげで車内には強い日差しは入って来ませんでした。

 

また今は夏なので使いませんが、前席クイックコンフォートヒーター付シートもオプションですが取り付けることも可能なようです。

 

serena082911

出典: 日産公式サイトより

 

あ、そうそう、私たちが乗った新型セレナのハイウェイスター プロパイロットエディションには、でっかい9インチのナビが付いていましたよ。

 

serena082913

出典: 日産公式サイトより

 

これは日産のオリジナルナビゲーションだそうですが、文字表示も大きくて見やすく操作しやすそうでした。

ナビに関しては、営業マンが既に試乗コースのルートを設定していたので触ることはありませんでしたが。

ブルーレイディスクの再生もできるみたいです。

 

また、新型セレナにはアラウンドビューモニターの装備も付いているようです。

しかし、これはメーカーオプションとなっているようなので、今回は付いていませんでした。

私の妻は車庫入れや駐車が苦手なので、この機能は是非使ってみたいと言っていたほど。

 

ディーラーに置いてある新型セレナにはアラウンドビューモニターが付いてあるということなので、後日改めてその車に乗せてもらうことに。

ま、私はこの機能は使いませんがね。

何せ、私はマイクロバスまで運転していたのでそれよりも大きい車じゃないと全ての車がおもちゃに感じでしまうぐらいですから(笑)。

 

Sponsored Link

 

新型セレナの試乗 燃費はどうなの?

次に、燃費に関してです。

燃費に関して今回の新型セレナの試乗した後に聞いてみました。

 

すると、「カタログ上では17.2km/Lと表示されているようですが、大体それに近い数字になると思います」との答えが返ってきました。

私もすかさず、「でも市街地走行では17.2km/Lという数字は不可能でしょ?」と聞くと、「確かに市街地では実燃費12~13km/Lぐらいにはなります。ですが、少し郊外を走ってもらうと16km/Lは行くと思いますよ」

「今回の試乗会のために遠いところから高速を使って運んできた車もありますが、その中でも実燃費が30km/Lという数字を出している新型セレナもありましたので、距離を乗ってもらうと新型セレナの燃費の良さが分かってもらえるのではないかと思っています」

との答えが返ってきました。

 

と、まぁ、営業マンはこう言っていますが、私は平均すると実燃費新型ヴォクシーノアと同じぐらいの13~14km/Lぐらいではないかと思っていますが…

あとは本人の乗り方次第って事になりますかね。

 

新型セレナの試乗 納車はいつになる?

また、契約した後の納車時期についても聞いてみました。

前回、ディーラーに新型セレナの発売日が決まって間もない時に行って聞いた事があります。

 

その時は今だったら1ヶ月ぐらいでの納期・納車ですと言われました。

でも今回は既に発売されています。

果たして発売後は新型セレナの納期・納車はどうなっているのか?

興味があったので聞いてみることに。

 

すると、現在は仮に今日契約したとすると納期・納車2ヶ月先になってしまうとのこと。

つまり、8月契約の人は10月に納期・納車になると考えておいた方がいいでしょうね。

 

今は8月の終わりですので、9月に契約するなら11月に納期・納車となりますね。

先月、トヨタに新型ヴォクシーを見に行った時にもガソリン車2ヶ月ぐらいかかると言っていましたので、どこも似たり寄ったりの納期・納車ですね。

 

ライバル車であるヴォクシーに関しては、

 

ステップワゴンに関しては、

こちらに詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

 

Sponsored Link