新型セレナの口コミ プロパイロットで運転が楽になる?

ただ今、お盆の真っ最中。

新型セレナの発売を予定している日産のディーラーも、長いお盆休みに入っているのかと思います。

 

私も7月の後半に日産のほうに出向いて、2016年8月に発売予定の新型セレナの詳しい情報を聞いてきました。

なお、新型セレナについては、

こちらに詳しく書いていますので参考にしてみてください。

 

やはり皆さんが気になるのは自動運転機能の付いたプロパイロットだと思います。

 

s4

 

ネットのあちこちで口コミの話題に上がっているので、どんなものなのか興味をそそられますよね。

私だってそうです。

 

私の妻ですら「いち度、自動運転の車に乗って見たい!」

なんて言葉が飛び出してくるほどですから(笑)

 

もしかすると、新型セレナのプロパイロットは女性のほうが興味ある人が多いのかも…

 

妻曰く、「わたし、基本的に運転は好きだけど、運転しているとすぐに眠くなっちゃうのよね」

「とくに高速を走ると30分で眠くなるから…」

「自動運転だったらどんなにか…」

 

確かに運転は楽なのかもしれませんが、男から見ると「ホントに運転する気があるのか?」

と思ってしまいます(笑)。

 

運転をなめるなよ!

 

とまでは大声で言いませんが、楽な事ばかり考えていると後でしっぺ返しが来そうで、なんか怖い感じがしますが。

 

とはいえ、今のお盆の時期なんかにこのプロパイロット機能が使えると、すごく運転が楽になることは確かですね。

私の住んでいるところは九州の田舎なので、高速道路といっても数キロぐらいしか渋滞はしません。

 

でも東京や都会の高速道路では果てしない渋滞が続いています(汗)。

田舎ではとても考えられませんが…

Sponsored Link

新型セレナの口コミ 内装関係が気になる?

ということで前置きは長くなりましたが、ネットで噂されている新型セレナの発売前の口コミを詳しく調べてみました。

私的にはプロパイロットに関しての口コミが多いのかと思っていましたが、意外に内装のシートのことに関心のある内容が多かったですね。

 

新型セレナのシート(内装色)には、
◆セレナシリーズ

  • ブラック
  • フェザーグレー
  • プレミアムインテリア

 

◆セレナハイウェイスターシリーズ

  • ブラック
  • グレージュ
  • プレミアムインテリア

 

この中でも、プレミアムインテリアの口コミが多かったです。

 

色的には茶色(ブラウン)のツートンカラーですが、結構渋いシートですね。

下の動画の5分過ぎあたりからこの色のシートが映っていますので参考にどうぞ。

 


出典: 新型セレナの「プロパイロット」初試乗!【日産ダッシュボード43号】

 

トヨタのヴォクシーノアで人気のあるブラック色のシートとはちょっと違っていて、ビックリしています。

基本的に渋い色は黒(ブラック)だとばかり思っていたので…

 

ただ、プレミアムインテリアにするとメーカーオプションとなりますので追加で54,000円必要となりますので注意してくださいね。

あ、それとプレミアムインテリア設定にすると、シートだけでなくドアの内張やインパネ、ハンドルの色も標準色とは変わるようですよ。

 

新型セレナの口コミ ハンズフリーのオートスライドドアって?

私が近くの日産ディーラーに行った時にはカタログしかもらっていませんが、口コミを見ていると内覧会に行った人の声が多数載っています。

なので私はカタログ上でしか理解できていません。

 

私も気になっていたハンズフリーオートスライドドア

こういう動作は実際に動かしてみないと、その機能の良さは分かりませんから。

 

内覧会に行った人の口コミをみていると、やはり最初はうまくスライドドアが開いてくれないようでしたね。

カタログでは足をドアの下に突っ込んで開けるような仕草をとっていますが、ゆっくりするとうまくいかないようですよ。

 

実際はサッと軽く足を突っ込んで、またサッと足を元に戻す動作が必要になるようです。

まあ、ドアノブにもボタンが付いているようなので、そんなに使い勝手は悪くないと思いますが…

荷物を両手いっぱいに持っていたり、子供を抱いていて手が塞がった状態の場合には便利な機能だと思います。

 

Sponsored Link

 

新型セレナの口コミ 視界は好印象

あとは運転席に座ったときの視界の良さが、ヴォクシーやステップワゴンに比べて好印象を持っている人も多いということ。

 

これは前方視界、横視界、後方視界を総合的に見た結果です。

ヴォクシーは3列目のシートを折りたたんだ場所が、リアの視界を悪くしていること。

ステップワゴンは「わくわくゲート」の枠のピラーが、視界を妨げていることなど。

 

男性はともかく女性は、こういう細かいところにも神経を張り巡らしているのでしょう。

 

新型セレナの口コミ ディーラーオプションの金額が分からない?

また、ディーラーオプションで付けるものですが、今の発売前の段階でははっきりとした金額が分からないと答えている人が多いようですね。

ディーラ側もおおまかな予測の金額を提示しているようです。

 

ディーラーオプションに関しては、販売店独自の値段を決めてるところが多いとか。

だから地域によって違うようです。

 

新型セレナの口コミ 値引きはバラバラ?

そして新型セレナを購入するときに重要な値引きに関してですが、新型と言えど結構な値引きをしてもらっている人もいるようですよ。

車体だけで20万円の値引き、オプション類から定価の15%引きの人も。

また車体とオプションの合計値引き額が32万円という人もいました。

 

ただ、人によっては車体値引きは5万円の人もいるので、今この時期の車体値引きだけでの20万円はかなり良い値引き額だと思うのですが。

私も7月末に見積もりを出してもらった時には、新型なので値引きはほんの少しだけと言われましたので…

私の場合、フルオプション付きで見積もり450万円

この金額で数万円の値引きでしたからね。

 

新型セレナの口コミ 納得の値段になるのか?

ここまで口コミをまとめてきました。

新型セレナにはいろんな口コミが飛び交っていますが、まず間違いないのが自分の目で確かめてみること

やはりこれが一番だと思います。

 

新型セレナの金額にしても、プロパイロット機能が付いていても300万円を切るパフォーマンスの良さが大々的に誇張されていますが、実際に見積もりをしてみると新型セレナって車はとても高い値段になることが分かると思います。

しかも燃費に関してはトヨタのヴォクシーやノアには全くかなわないという事実。

 

とても良い機能は付いていますが、「アルファードも買えるのでは?」というくらいの金額設定の車です。

新型セレナはMクラスのミニバンとしては金額が高い車。

 

正直、私ならヴォクシー、ノアを買いますね。

プロパイロットには興味ありますが、トヨタ車のほうがもっと良い機能を搭載した車で、納得の値段になるのではないかと思いました。

 

新型ヴォクシー関しては、

 

ノアに関しては、

 

また、他社ライバル車であるステップワゴンに関しては、

こちらにも詳しく説明していますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Link