2016年9月のフリードフルモデルチェンジの私の予想

2016年の9月16日に発売予定のホンダの新型フリード

今回の発売はフルモデルチェンジだということ。

freed5

出典: ホンダ公式サイトより

 

2016年の6月に、いきなりホンダの公式サイトに先行情報として怪しげな車の形を披露したフリード。

今回もしばらく公式サイトを見ないうちに、より詳しい情報が載っているではありませんか!

 

私の予想ですが、おそらくホンダは、「フルモデルチェンジするよー」と、フリードの情報を小出しにして出してくる背景にはトヨタから発売されている新型シエンタをかなり意識しての事なんじゃないかなーと個人的には思ったりもしています。

sienta0807

出典: トヨタ公式サイトより

 

形や大きさ乗車人数などとても似ているフリードシエンタ

シエンタのほうが1年前にフルモデルチェンジを先にしてから、爆発的な売り上げをあげているのも事実。

よく似ているだけに、比較対象になりやすいのもこれまた事実。

 

ライバル車であるシエンタに関しては、

こちらにも詳しく書いていますので参考にしてみてください。

 

2016年の6月の販売台数を調べてみたら、ちょっとビックリしました。

シエンタ10,000台の販売台数に対して、ホンダフリードの販売台数は2,000台程。

何と、シエンタに5倍近い差をつけられていたのです。

Sponsored Link

フリードのフルモデルチェンジは8年ぶり?

フリードはマイナーチェンジこそ2014年4月に行っていますが、現行型は2008年5月に登場してから大きな変更はありませんでした。

フリードの形は私としては好きなのですが、シエンタと比較すると、どうしても一歩遅れていると言わざるを得ない状況です。

 

特に燃費の格差は、消費者の購買意欲がダイレクトに反映された形となっています。

シエンタがフルモデルチェンジする前だったら、そこまでの差は生まれなかったのでしょうが、今の燃費の数値ではシエンタに立ち向かうことはまず無理。

 

だからこそ、2016年9月にホンダは満を持してフリードを発売する意気込みがひしひしと感じられてきます。

 

フリードフルモデルチェンジの予想 カタログはあるのか?

おそらくシエンタと同等なレベル、またはそれ以上の燃費の数値を出してくるのでは?

正直、少し公式サイトで公開になっていますが、詳しい内容はそこまで載せていません。

 

私もフルモデルチェンジしたフリードがどんな車なのかとても気になったので、近くのホンダディーラーに電話してみました。

カタログがあれば少しは詳しい情報が分かるのではないかと思ったので…

 

しかし、残念なことに発売されるまではカタログは見せることができないとの返事が返ってきました。

お店によっては、今回フルモデルチェンジするフリードの詳細情報を教えてくれるところもあるのかもしれません。

フリードの発売まではまだあと1か月以上もあります。

どんな車に仕上がっているのかを予想するだけでワクワクしますね。

 

新型フリードに関しては、

こちらでも詳しく書いていますので、参考にしてください。

 

フリードフルモデルチェンジの予想 公式サイトの情報は?

でも情報が欲しいと思っている人にのために、ホンダフリードのフルモデルチェンジについて少し分かりやすくまとめてみました。

この情報は公式サイトには載っていますが、あくまでもまだ発売されていないので変更になる可能性もあります。

とりあえず、予想となることを頭に入れておいてくださいね。

 

フリードフルモデルチェンジの予想 名前は2つになった?

今回フルモデルチェンジするホンダのフリードは、大きく分けると2つに分かれます。

 

3列目のシートがある車なのか、2列目までの車なのかの2つ。

6人または7人乗りの車なのか、5人乗りの車なのか。

 

6人または7人乗りの車の名前はフリード

前の名前のままですね。

もうひとつの5人乗りの車はフリードプラス

 

フリード、フリードプラスともハイブリッド車ガソリン車の設定があります。

そして4WDの設定もフリード、フリードプラスの設定もありますから。

ハイブリッド車のエンジンにはSPORT HYBRIOD i-DCDガソリン車のエンジンには1.5L 直噴 DOHC i-VTECが使われています。

 

freed9

出典: ホンダ公式サイトより

 

そして細かいタイプ別になると、

フリード

  • ハイブリッド B
  • ハイブリッド G Honda SENSING
  • ハイブリッド EX
  • ガソリン車 B
  • ガソリン車 G
  • ガソリン車 GHonda SENSING

 

フリードプラス

  • ハイブリッド B
  • ハイブリッド G Honda SENSING
  • ハイブリッド EX
  • ガソリン車 B
  • ガソリン車 G
  • ガソリン車 GHonda SENSING

12種類のタイプに分かれます。

 

フリードフルモデルチェンジの予想 ボディの色は何色あるの?

気になるのは、フリードのフルモデルチェンジした後のボディの色(カラー)。

色(カラー)は全部で9色あります。

 

  • ブルーホライゾン・メタリック
  • プレミアムディープロッソ・パール
  • ルナシルバー・メタリック

freed1

出典: ホンダ公式サイトより

 

  • シトロンドロップ
  • マンダリンゴールド・メタリック
  • モダンスティール・メタリック

freed2

出典: ホンダ公式サイトより

 

  • コバルトブルー・パール
  • ホワイトオーキッド・パール
  • クリスタルブラック・パール

freed3

出典: ホンダ公式サイトより

 

 

なにげに、ブルーホライゾン・メタリックが気になるのは私だけでしょうか?(笑)

発売前にこの色(カラー)で公開していますからね。

目立つのですよね、この色(カラー)。

ホンダは今回のフリードはこの色(カラー)が売れると予想しているのでしょうか?

Sponsored Link

 

フリードフルモデルチェンジの予想 タイプ別の装備とは?

タイプ別の主な装備は以下の通りになっています。

フリード
ハイブリッド車
■ハイブリッド B(6人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム

 

■ハイブリッド G Honda SENSING(6/7人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム
  • Honda SENSING
  • LEDヘッドライト+LEDアクティブコーナリングライト
  • リア両側パワースライドドア
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ
  • 木目調インストルメントパネル
  • 助手席シートバックポケット
  • センターテーブル

 

■ハイブリッド EX(6/7人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム
  • Honda SENSING
  • LEDヘッドライト+LEDアクティブコーナリングライト
  • リア両側パワースライドドア
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ
  • 木目調インストルメントパネル
  • 助手席シートバックポケット
  • センターテーブル
  • 1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー
  • コンピシート(プライムスムースxファブリック)
  • 本革巻ステアリングホイール
  • インテリアイルミネーション
  • ロールサンシェイド
  • シートバックアッパーポケット
  • 15インチアルミホイール

 

ガソリン車
■B(6人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム

 

■G(6/7人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム
  • リア左側パワースライドドア
  • 木目調インストルメントパネル
  • 助手席シートバックポケット
  • センターテーブル

 

■G Honda SENSING(6/7人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム
  • リア両側パワースライドドア
  • 木目調インストルメントパネル
  • 助手席シートバックポケット
  • センターテーブル
  • Honda SENSING

 

フリード プラス
ハイブリッド車
■ハイブリッド B(5人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム
  • 荷室用ユーティリティボード
  • ユーティリティナット

 

■ハイブリッド G Honda SENSING(5人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム
  • 荷室用ユーティリティボード
  • ユーティリティナット
  • Honda SENSING
  • LEDヘッドライト+LEDアクティブコーナリングライト
  • リア両側パワースライドドア
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ
  • メタル調インストルメントパネル
  • 助手席シートバックポケット
  • センターテーブル

 

■ハイブリッド EX(5人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム
  • 荷室用ユーティリティボード
  • ユーティリティナット
  • Honda SENSING
  • LEDヘッドライト+LEDアクティブコーナリングライト
  • リア両側パワースライドドア
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ
  • メタル調インストルメントパネル
  • 助手席シートバックポケット
  • センターテーブル
  • 1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー
  • コンピシート(プライムスムースxファブリック)
  • 本革巻ステアリングホイール
  • インテリアイルミネーション
  • ロールサンシェイド
  • シートバックアッパーポケット
  • 15インチアルミホイール

ガソリン車
■B(5人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム
  • 荷室用ユーティリティボード
  • ユーティリティナット

 

■G(5人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム
  • 荷室用ユーティリティボード
  • ユーティリティナット
  • リア左側パワースライドドア
  • メタル調インストルメントパネル
  • 助手席シートバックポケット
  • センターテーブル

 

■G Honda SENSING(5人乗り)

  • フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム
  • 荷室用ユーティリティボード
  • ユーティリティナット
  • リア両側パワースライドドア
  • メタル調インストルメントパネル
  • 助手席シートバックポケット
  • センターテーブル
  • Honda SENSING

 

発売前なのであくまで予想となりますが、フルモデルチェンジとはいえ、ホンダの公式サイトに載っているので、そこまで大幅な変更はないとは思います。

 

フリードフルモデルチェンジの予想 室内は変わったの?

室内の感じは、こんな感じになるのではないかと予想しています。

 

freed6

freed8

freed7

出典: ホンダ公式サイトより

 

シートの使用で今までとの違いは、2列目のシートのスライド量です。

今までと比べると12cm程スライドするのが増えています。

12cm増えるだけで足元は断然に広くなりますからね。

これによって3列目の足元も調節できますので、だいぶ楽になると思いますよ。

 

もともと現行型のフリードでも新型シエンタより3列目の足元の広さは広かったので、今回のフルモデルチェンジでより3列目にはゆったりと大人も座れるのではないかと。

 

今、キャッチできている私の情報は以上となります。

今後、ホンダフリードに関して新しい情報が入ってきたら、どんどん記事に追加していきますのでお楽しみに。

Sponsored Link